ぼくたちのナチュラルハイ!

健常者は見ちゃだめ!ぜったい!

第14話 「ファーストゥシークレットっ!」

 

f:id:Maus-Bellator:20170407074338j:plain

 

 

2011年ー

 

 

 

マウス :「 やあ! また会ったねえ! 」

 

マウス :「 それにしても、良いプレイマットだ…! 」

 

 

( GXのハーフマットを見ながら ) 

 

 

マウス :「 デッキも英語版で極めている! 」

 

 

( ヒーローデッキを見ながら )

 

 

 

:「 君も英語版のライトロードがあるじゃないか 」

 

 

f:id:Maus-Bellator:20170408023231j:plain

 

<< リーチ☆フェアラート >>

 

 

マウス :「 フフッ そうだったね…! 」

 

マウス :「 今日もやりましょうか…! 」

 

マウス :「 “ 楽しいデュエル ” を…!! 」

 

 

 

 

 

ー 第14話 「ファーストゥシークレットっ!」 ー

 

 

 

 

 

プルルルル… ( 着信音 )

 

 

マウス :「 はい! もしも~し! 」

 

 

エムエーム :「 あ、もしもし。。 」

 

 

マウス :「 どうしたw 元気なさそうだなw 」

 

 

エムエーム :「 すまん。そっちから引いた、 」

 

エムエーム :「 ダムドの1stシクが盗まれちゃって、、 」

 

 

マウス :「 盗まれた? 」

 

 

エムエーム :「 カーキンで突然トレード持ちかけられて、 」

 

エムエーム :「 適当にカード見せてたんだけど、 」

 

エムエーム :「 トレード相手がいなくなってからファイル確認してみたら、 」

 

エムエーム :「 ダムドが消えてて、、 」

 

エムエーム :「 多分っていうか、そのときにやられたはず、、、 」

 

 

マウス :「 相手の特徴は? 」

 

 

エムエーム :「 すまん、もしかしたらだけど、 」

 

エムエーム :「 そっちの知り合いかもしれない 」

 

エムエーム :「 確かヒーローデッキ?だった、かな、、  」

 

エムエーム :「 その人使ってた 」

 

 

マウス ・・・( ヒーローデッキ? )

 

 

マウス :「 ヒーローデッキって、もしかして英語版だった? 」

 

 

エムエーム :「 だったなあ、アナザーネオチュとかレリだったし、、 」

 

 

マウス :「 ニヤリ 」

 

マウス :「 ところでそいつはメガネをかけた男で、 」

 

マウス :「 GXのハーフマットを使ってたか? 」

 

 

エムエーム :「 メガネはかけてたね、、 」

 

エムエーム :「 ハーフマット?かは知らんけど、 」

 

エムエーム :「 GXのマットだったはず 」

 

 

マウス :「 なら話が早い! 」

 

マウス :「 そいつには心当たりがある…! 」

 

マウス :「 取り返してきてやろうじゃないか!! 」

 

マウス :「 ダークアームドドゥラゴン! 」

 

マウス :「 ファーストゥシークレット! 」

 

 

マウス ・・・ ( まあ顔見知りだ。 )

 

マウス ・・・ ( 素直に認めて返してくれば許してやろうw )

 

マウス ・・・ ( だが “ 嘘 ” をつけばそれは “ 罪 ” だ )

 

マウス ・・・ ( そのときは “ 裁き ” を下すまで )

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

時はリーチ☆フェアラートと楽しいデュエルを始めたところにさかのぼるぞ!

 

 

 

リーチ :「 アナザーネオチュを召喚! 」

 

リーチ :「 デュアルチュパーク発動! 」

 

リーチ :「 ライトロードエンチェルケルビュムを破壊! 」

 

 

マウス ・・・ ( フフッ これで私の墓地にはライトロードが4種類…! )

 

 

リーチ :「 デュアルチュパークの効果でワンドロー! 」

 

リーチ :「 伏せカードをしてターン終了! 」

 

 

マウス ・・・ ( 奴のフィールドには伏せカードが2枚のみ…! )

 

マウス ・・・ ( 私の手札には2枚の “ 裁き ” のカードと、 )

 

マウス ・・・ ( “ 死者転生 ” カードがある )

 

マウス ・・・ ( 奴の伏せカードが、 )

 

マウス ・・・ ( 裁きのカードを葬るカードだと仮定しても、 )

 

マウス ・・・ ( 死者転生カードで裁きを1枚手札に戻すことができる )

 

マウス ・・・ ( 裁きを1体でも出すことができれば私の勝ちが決まる…! )

 

 

マウス :「 マイターン! カードをドローする 」

 

マウス :「 墓地のライトロードカードはちょうど4種…! 」

 

マウス :「 “ 裁き ” のカードを場に出させてもらう…!! 」

 

 

リーチ :「 トラップカード! 奈落の落とす穴! 」

 

 

マウス :「 ニヤリ 」

 

マウス :「 この瞬間に裁きのカードの “ 優先権 ” が発動される! 」

 

マウス :「 ライフを1000払うことでフィールドのカードを全て破壊する…! 」

 

マウス ・・・ ( もちろん、もう1枚の伏せカードもだ…! )

 

 

リーチ :「 破壊されるよ 」

 

リーチ :「 でもこれで “ 裁き ” のカードはゲームから除外される! 」

 

リーチ :「 攻撃ができないからボクのライフは削れない! 」

 

 

マウス ・・・ ( あがいても無駄なんだよ…! )

 

マウス ・・・ ( 私が “ 裁くと決めた者 ” は必ず裁かれる )

 

マウス ・・・ ( そう! 必ずだ…! )

 

マウス ・・・ ( 忘れた頃に殺すのもいい…! すぐに仕留めるのもいい…! )

 

マウス ・・・ ( しばらく泳がせるのも楽しいもんだ…! )

 

マウス ・・・ ( 全ては私の気分と状況次第…! )

 

マウス ・・・ ( 殺ると決めたタイミングで執行するのさ…!! )

 

マウス ・・・ ( いずれはおまえも… )

 

マウス ・・・ ( 機会があればなァw )

 

 

マウス :「 手札から “もう1枚” の “裁き” のカードを場に出す! 」

 

マウス :「 これでゲームエンドだな! 」

 

マウス :「 私の分身 “ ジャッジメント ドゥラグゥーン ” 」

 

マウス :「 裁きのドラゴンだ…!! 」

 

マウス :「 ハッハッハッハ…!! 」

 

 

リーチ :「 あー、これは負け! 」

 

 

マウス :「 マイ・ソウル・カード! 」

 

マウス :「 ジャッジメント ドゥラグゥーン 」

 

マウス :「 ファーストゥ シークレットっ…! 」

 

マウス :「 マイ・パゥアーーー!!! 」

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

デュエルシーン終わり

 

 

 

マウス :「 そうか 」

 

 

エヌヌ :「 盗んだダムドの1stシクを手に持ちながら、 」

 

エヌヌ :「 こんな感じで言ってたよ 」

 

エヌヌ :「 こんなきったねえトップローダーに入ってたのか~ 」

 

エヌヌ :「 いらねーからこの辺に捨てよっ! ポイっ! 」

 

 

マウス ・・・ ( ブチィィィ…!! )

 

 

エヌヌ :「 あいつはよくオレらにはするよ 」

 

エヌヌ :「 盗み自慢 」

 

 

マウス ・・・ ( 盗み自慢? )

 

 

 

マウスの回想

 

 

リーチ :「 あのクソデブから盗んでやったんだよ 」

 

リーチ :「 このトリシューラン 」

 

リーチ :「 キモイシャーカーだからアド損させないとね 」

 

リーチ :「 何て言ったっけ? 」

 

リーチ :「 そうそう。 “ イクセイ ” 」

 

リーチ :「 デブのトリシューランとか持ち損だから安く売ってあげるよw 」

 

リーチ :「 さっきは他の人にこのクソデブから盗んでやった、 」

 

リーチ :「 BFのゼピュロシュを売ってきたところだからねw 」

 

 

回想終わり

 

 

 

マウス ・・・( 私にも盗み自慢はしている… )

 

マウス ・・・( つまりは最近の収穫について問えば良い )

 

マウス ・・・( そこでダムドの話が出てくれば、 )

 

マウス ・・・( 返してもらうのみ )

 

マウス ・・・( だがここで私に隠せば、 )

 

マウス ・・・( 私の知人だと知ってダムドを盗んだことになる )

 

マウス ・・・( そうなればイージーゲーム…!! )

 

マウス ・・・( 破壊が執行される…! )

 

マウス ・・・( 誰かがヘマをこけばそいつを殺してアドを取るのみ )

 

マウス ・・・( それが “ 制裁ビジネス ” )

 

 

マウス ・・・( あ~欲しいなァ~ )

 

マウス ・・・( あいつが大事そうにしている、あのヒーローデッキ笑 )

 

マウス ・・・( 英語のフルレアリティ! )

 

マウス ・・・( GXのハーフマット! )

 

マウス ・・・( これだけじゃない! )

 

マウス ・・・( 奴のカードは全てオレのものになる! )

 

マウス ・・・( そして奴からヒーローデッキを奪い取った暁には、 )

 

マウス ・・・( “ 真のヒーロー ” として、 )

 

マウス ・・・( このオレ様が使ってやろうじゃないか! )

 

マウス ・・・( “ ヒーロー ” にふさわしいこのワタシがなァw )

 

 

 

数日後ー

 

時刻は日が沈んだ頃ー

 

場所はとあるカーキンにてー

 

 

リーチ :「 ういーっす! 」

 

リーチ :「 いや~ バイトの休憩時間だから、ちょっと暇でねw 」

 

 

カーキンの店員が軽くお辞儀をする

 

 

リーチ ・・・( あわよくば適当な奴からカードを盗んでやるぜw )

 

 

マウス :「 おや? 」

 

マウス :「 これはこれは “ リーチ✩フェアラート ” さん! 」

 

 

リーチ :「 今日はデュエルする時間がないんだ 」

 

リーチ :「 休憩時間が短いからね 」

 

 

マウス :「 なるほど、今日はデッキを持ってきていないのか 」

 

 

リーチ :「 そうだね、でもバイト先にはあるよ 」

 

 

マウス ・・・( バイト先は “ 日本海 ” という居酒屋・・ )

 

マウス ・・・( 全ては “ エヌヌ ” から聞いている )

 

 

リーチ ・・・( 最近、こいつの知り合いからダムドを盗んだばかりだ )

 

リーチ ・・・( 今日の休憩時間はやめておくか )

 

リーチ ・・・( そもそも、何でこの時間にこいつがいやがる )

 

リーチ ・・・( 退散かね )

 

 

マウス ・・・( リーチ✩フェアラートがこの場から去れば動くとしよう )

 

マウス ・・・( 暴れることを想定すれば、ここではまずい )

 

マウス ・・・( 奴がバイト先に戻るタイミング…! )

 

マウス ・・・( そこでケリをつけてやろうじゃないか…! )

 

 

リーチ ・・・( まあもし、こいつに聞かれても知らないって答えればいい )

 

リーチ ・・・( ダムドは喉から手がでるほど欲しかったカードだからね )

 

リーチ ・・・( いかにも養分みたいな賢者が持ってやがってムカついたよ )

 

リーチ ・・・( 何でぼくの持ってないカードを、 )

 

リーチ ・・・( こんな賢者が持ってるんだってね )

 

 

マウス ・・・( 仮にダムドを取り返すことができなくても良い )

 

マウス ・・・( いずれにしろ、奴が盗んだという確信は得ている… )

 

マウス ・・・( バイト先にデッキがあるとは良いことを聞いたな )

 

マウス ・・・( ならばデッキで補填してもらおうじゃないかw )

 

 

リーチ✩フェアラートは無言でその場から立ち去る。

 

 

マウス :「 ニヤァ 」

 

 

リーチ✩フェアラートは自転車に乗り、“日本海”の方角へ向かう。

 

カーキンの窓からそれを確認した、マウス☆ベラトールは、

 

即座に階段を降り、自らも自転車に乗り、その方角へ向かうことに。

 

 

マウス ・・・( 奴の様子を見る限り、普段とは明らかに違った… )

 

マウス ・・・( 行動と態度にあらわれやすいタイプ… )

 

マウス ・・・( 実にわかりやすい…! )

 

マウス ・・・( 面白くなってきたな…! ( 自転車をこぎながら ) )

 

 

マウス☆ベラトールの視界に、リーチ✩フェアラートがうつる。

 

 

マウス ・・・( 逃げられると思うなよ…笑 )

 

マウス ・・・( 瞬時に最悪のシナリオを考えてやる… )

 

マウス ・・・( 臨機応変に “ 人格 ” を変えることで、 )

 

マウス ・・・( 奴の思考を抑えこみ、コントロールする )

 

マウス ・・・( その場の状況に応じて、シナリオを変更しつつ、 )

 

マウス ・・・( 最終的には、奪える限り奪いつくす…! )

 

マウス ・・・( これが私のやり方…! )

 

 

 リーチ :「 ? 」

 

 

マウス :「 あんまり早く消えるもんだから、 」

 

マウス :「 もう少し雑談がしたくてねw 」

 

 

リーチ :「 これからバイトしなきゃいけないから 」

 

 

マウス :「 それはわかっている 」

 

マウス :「 なら1つだけ 」

 

 

リーチ :「 ? 」

 

 

マウス :「 最近の収穫はどうだい? 」

 

マウス :「 また聞かせてほしいんだ 」

 

マウス :「 どんなキモイ奴から奪い取ったかって話をねw 」

 

 

リーチ :「 ・・ 」

 

リーチ :「 最近はとくにないよ 」

 

リーチ :「 バイトもあるしね 」

 

 

マウス :「 そうかw 」

 

 

リーチ :「 それじゃあ! 」

 

 

マウス ・・・( ・・・・・・ )

 

 

オオオオオオオ・・・

 

 

マウス :「 ギロリっ ( 自転車で去って行くリーチを睨みつける ) 」

 

 

マウス ・・・( はい破壊確定 )

 

マウス ・・・( 破壊確定 破壊確定 破壊確定 破壊確定 )

 

マウス ・・・( 破確 )

 

マウス ・・・( そんななげー単語思いうかべてる時間無駄だから、 )

 

マウス ・・・( 破確って略しちゃう♪ )

 

マウス ・・・( ふっへっへっへっへっへっへ… )

 

マウス ・・・( ところで )

 

マウス ・・・( 無事にバイト先に戻すわけねーだろカス )

 

マウス ・・・( はい快速自転車から特急自転車にへんこ~う! )

 

マウス ・・・( しんかんせーん! )

 

マウス ・・・( はい日本海のまえ~ )

 

マウス ・・・( はい現在目の前にクズが自転車止めようとしていま~す♬ )

 

マウス ・・・( ショット! )

 

マウス ・・・( しんかんせん、その辺に捨てて、なにする~? )

 

マウス ・・・( 飛び蹴り♡ )

 

 

リーチ :「 あっ、あああああああああ…! 」

 

 

マウス ・・・( みごとぉ~に! )

 

マウス ・・・( 自転車からブットビングのリーチ先輩こんちやーすっ♬ )

 

 

マウス :「 ニヤア 」

 

 

リーチ :「 ・・・っ痛 」

 

 

マウス :「 まだ学生服着た若僧に、 」

 

マウス :「 飛び蹴りくらわされた感想お願いっす! 」

 

 

リーチ :「 ・・ 」

 

 

マウス :「 聞いてんのかタコ 」

 

マウス :「 てめー変な賢者からダムドぬちゅんでやったぜぇ~とかって、 」

 

マウス :「 いつも通り死ぬほどキモイ口調で語ってくりゃ、 」

 

マウス :「 飛び蹴りくらう必要なんてなかっただろーがアホナス 」

 

マウス :「 わざわざこのオレ様が蹴ってやってんだからな? 」

 

マウス :「 感謝しろよ(笑) 」

 

 

リーチ :「 ダムド? 」

 

リーチ :「 何の話? 」

 

 

マウス :「 フッ 隠しきれると思ってんのか? 」

 

マウス :「 はい補填パ~ンチ! 」

 

 

リーチ :「 うごぉおおお 」

 

 

マウス :「 はい問1、 」

 

マウス :「 なぜオレ様にいつものように、 」

 

マウス :「 盗み自慢( ダムド1stシク )をしなかった? 」

 

 

マウス :「 問2、 」

 

マウス :「 なぜわたーしにダムドを盗んでいないと否定した? 」

 

 

リーチ :「 ・・・っ痛 」

 

 

マウス :「 素直にキックですっ! 」

 

 

リーチ :「 ガウバああああ 」

 

 

マウス :「 寝てっからかわりにオレ様が回答ぅ~ 」

 

マウス :「 マウチュのちりあいだとわかってて、 」

 

マウス :「 ダムドのファーチュトチクをぬちゅんだからぁ~♬ 」

 

マウス :「 せいかいっ! 」

 

 

マウス :「 はいムカついたから、 」

 

マウス :「 もう一回、補填キック! 」

 

( 実際には上からふみつけてるだけw )

 

 

リーチ :「 ぼんぼぉおおお 」

 

 

マウス :「 んだよ、いちいちうるせーな 」

 

マウス :「 さっさとダムドもってこいよ殺すぞ 」

 

マウス :「 オレはなぁ! 」

 

マウス :「 あのダムドを引いたり出したり繰り返してたんだよぉ~! 」

 

マウス :「 同じ人間からなァw 」

 

マウス :「 いつものように、引こうと思ったら、 」

 

マウス :「 盗まれたって…wwww 」

 

マウス :「 おまえ、オレのビジネスパートナーに何してくれてんねん 」

 

マウス :「 アドがとれねーじゃねーかよお~ぅ!! 」

 

マウス :「 ぱっはっはっはっはっはっはっはwwww 」

 

 

リーチ :「 ダムドはホビュシュテに売っちゃったからもうないよん 」

 

リーチ :「 3000円という破格で売ってやったよw 」

 

( 当時の相場8000円くらい )

 

 

リーチ :「 だから返したくても返せないね 」

 

リーチ :「 ざんねんw 」

 

 

マウス :「 あえぇ~? 」

 

マウス :「 あえぇえええーーーーーーーーーーーーいっ!!!! 」

 

マウス :「 プッ 」

 

マウス :「 ぱっはっはっはっはっはっはっはぁあーーーーーっ!!!! 」

 

 

リーチ :「 ・・ 」

 

 

マウス :「 へぇええぇーーーーーー…!! 」

 

 

リーチ :「 ・・ 」

 

 

マウス :「 ♬ 」

 

 

両者の目が合った瞬間

 

 

リーチ :「 うぶごげあぶがへうぐぅおおおおおおおおお 」

 

( 腹パンが炸裂♡ )

 

 

マウス :「 次に許可なくしゃべったら 」

 

マウス :「 ぶっころすぞ 」

 

 

リーチ :「 あ、ああ、あ~っ… あぁ、、 」

 

( もがき苦しみ中の巻♬ )

 

 

マウス :「 はいさっさと今すぐ至急大至急ダムドのファーストシクをここまで持って飛行機級じゃなくて宇宙船級でテレポート級で100回土下座して謝ってから全デッキとファイルとそれ以外のカードも全部オレ様によこして全カードショップ出禁死ぬまでカード禁止だからわかったら100万回返事しろゴミ以下のクズクズ以下のチリチリ以下のハイはい論破っ 」

 

マウス :「 あと100回土下座中に数え間違えたら最初からやり直しだし100回から1000回に増やすし罰金10000円取るしムカつき次第では補填パンチ笑顔で5億発くらわすしダムド2億枚くらい買ってきてもらうし買ってこなかったら洗濯機におまえ突っ込んで心から洗ってやるしオレ様の血だと思ってケチャップ皿に爆盛りしたやつ皿ごと口に突っ込むしもし抵抗したらボールペンでオレ様自身の腕を刺しまくってそっから出てきた正真正銘神様仏様マウス様の本物の血飲ましてやるしもし感謝しなかったらオレ様のうんこ食わしてやるしオレンジジュースだと思ってオレ様のしょんべんも飲ましてやるから感謝しろよはい論破っ 」

 

マウス :「 それと一生飯抜きだし毎日朝昼晩オレ様のしょんべんとうんこ以外飲食禁止だしもし約束やぶったら駐車場の地面に縛りつけておまえめがけて石500発くらい投げるしもし死ななかったら死ぬほどうざいしムカつくしストレスたまるし気分的に5億くらいはマイナスくらうから無限発なぐって殺すけど結局は死んでもらってもおもしろくないからとりあえずナイフで目の前でメンタマえぐりとってもらうし石なげたとき傷ついた肌に大量のわさび塗りたくってやるしもし痛がったら金属バットで背中ホームランするしもし気絶したり骨折したりしたらそのまま放置してペットショップから可能な限りカエル買ってきて全部食わせてやるしそこでマイナスくらってうざいけどあの世にカエルなら仕方ないと思うけどでもムカつくから人体解剖して体内でまだカエル何匹生きてるかどうか確認するし死んだからといって許すわけじゃないから脳みそとか冷凍保存するし心臓みじん切りにしてありの巣に持っていくしせめて最期くらいは世の中のためじゃなくて地球のためになってほしいからあそこ切断したやつつばめの巣に持っていくし他に心当たりのあるうざい奴の家とか荷物にさりげなくおまえの腕とか足とか入れるしレアカードみたいな感覚でエクゾデアパーツ全パーツ揃えるの旅とかするからわかったら一生返事しろはい論破っ 」

 

 

リーチ :「 バ、バイト先にあるから。。 」

 

リーチ :「 ダ、ダムドもバイト先にあるから。。 」

 

リーチ :「 に、に、荷物今から持ってくるよ。。 」

 

 

マウス :「 は~い♡ 」

 

 

マウス :「 あ、10秒以内ね♬ 」

 

 

マウス ・・・( そうだ… それでいい… )

 

マウス ・・・( おまえのようなゴミは私に従っていればいい… )

 

マウス ・・・( さて、 )

 

マウス ・・・( シナリオは出来上がったぞ )

 

マウス ・・・( “ 希望 ” という名のシナリオがなァw )

 

マウス ・・・( 奴には希望を与えるように見せかけることで誘導し、 )

 

マウス ・・・( 地獄を見せる…! )

 

マウス ・・・( 救えねえ奴とはまさにこいつのことよ! )

 

マウス ・・・( クククククっ… )

 

マウス ・・・( ただ破壊があるのみ… )

 

マウス ・・・( オレは復讐者なのさ…! 善意のなァ笑 )

 

 

リーチ :「 持ってきました 」

 

 

マウス :「 それじゃあ、まずはダムドの1stシクを見せてもらおうか♬ 」

 

 

リーチ :「 ファイルのどこかに入ってるんだけど、、 」

 

 

マウス :「 見せてみろ 」

 

 

マウス ・・・( このファイルは既に、 )

 

マウス ・・・( オレのものと言っても過言ではない…! )

 

マウス ・・・( まあまあ良いカードが入っているじゃないか )

 

マウス ・・・( かと言って、これだけで済ますつもりはないがなw )

 

マウス ・・・( ところで、? )

 

マウス ・・・( ダムドが入っていない? 何故だ? )

 

マウス ・・・( 全ページを確認しても入っていない )

 

 

マウス :「 ダムドが見当たらん 」

 

マウス :「 どこにある? 」

 

 

リーチ :「 ファイルの中だけど、、 」

 

 

マウス :「 あ? 」

 

 

リーチ :「 もう、しょうがないなぁ~ww 」

 

リーチ :「 正解はデステニーヒーローブルーティーの後ろでちた~笑 」

 

リーチ :「 ほらあったでしょ 」

 

リーチ :「 ぼくが盗んだダムドの1stシクw 」

 

 

マウス :「 てめー顔面、シンバルで100回演奏したんぞこら 」

 

 

リーチ :「 すいません 」

 

 

マウス :「 イラんことしたからデッキ没収ぅ~! 」

 

マウス :「 文句ある? 」

 

 

リーチ :「 い、いや、で、でっきは、、 」

 

 

マウス :「 何か言った? 」

 

 

リーチ :「 ひ、ひーろーでっきはかんべんしてください 」

 

 

マウス :「 やだ 」

 

 

マウス ・・・( 出ました賢者の無駄な抵抗w )

 

マウス ・・・( はいここで出番だよ希望を与えるシナリオん♡ )

 

マウス ・・・( プロジェクト 希望(大笑) )

 

マウス ・・・( ここで強引に奴が今手元に持ってるカードを没収するよりも、 )

 

マウス ・・・( やっぱ、こいつのカード “ 全部没収 ” したいじゃん? )

 

マウス ・・・( ふつーに )

 

マウス ・・・( だからシナリオ発動すんの、わかる? )

 

マウス ・・・( デッキどころじゃ済まないの♬ )

 

マウス ・・・( ブラックホールしちゃうの♪ )

 

 

リーチ :「 な、なんとか、ひ、ひーろーでっきだけは、、 」

 

 

マウス ・・・( こいつの “ 人生枠 ” はヒーローデッキに決定♡ )

 

 

マウス :「 仕方がない 」

 

マウス :「 没収はとりあえず保留にしておこう 」

 

 

リーチ :「 ? 」

 

 

マウス :「 今週の土曜日だ 」

 

マウス :「 12時にカーキンへ来い 」

 

マウス :「 おまえの周囲の人間、 」

 

マウス :「 私の周囲の人間、 」

 

マウス :「 おまえから盗まれた被害者らで、 」

 

マウス :「 真っ当に会議をしようじゃないか 」

 

マウス :「 そこで決めよう 」

 

マウス :「 没収するか、しないかをな 」

 

マウス :「 それまでの間、 」

 

マウス :「 そのファイルとデッキは全てオレが預かる 」

 

マウス :「 もちろん、土曜日に預かったものは持っていく 」

 

マウス :「 もし没収するべきでないと決まれば、 」

 

マウス :「 その場で預かったものを全部返してやる 」

 

マウス :「 だがもし12時までに来なければ自動的に、 」

 

マウス :「 預かったものは全て没収する 」

 

マウス :「 いいか? 」

 

 

リーチ :「 わかりました 」

 

 

マウス ・・・( 奴が希望を信じるなら必ず来る…! )

 

マウス ・・・( もし来ないにしても預かったものだけは、 )

 

マウス ・・・( 確実にオレのものになる…! )

 

マウス ・・・( いずれにしても勝つのはオレだけだ…!! )

 

マウス ・・・( ほんの僅かにでも返ってくるという希望があるならば、 )

 

マウス ・・・( 奴は来るしかないのだ… )

 

マウス ・・・( 私は奴に可能性を与えると同時に、 )

 

マウス ・・・( 私自身にも可能性を与えた…! )

 

マウス ・・・( そう、どちらにも “ 可能性 ” がある )

 

マウス ・・・( 一方は預けたカードが全て戻ってくるという希望! )

 

マウス ・・・( もう一方は奴のカードを全て没収できるという希望! )

 

マウス ・・・( 2分の一の確率だが、限りなく奴が不利なのだ )

 

マウス ・・・( 何故だと思う? )

 

マウス ・・・( 会議に参加する者全員が奴の敵になればいいだけ…! )

 

マウス ・・・( そうなるように予め手配しておけばいい )

 

マウス ・・・( それができないならまずこのプロジェクトはありえない )

 

マウス ・・・( 確信したのさ…! )

 

マウス ・・・( この手を使えば確実に奴を追い込むことができると…! )

 

マウス ・・・( 盗みぐせの悪い奴には、 )

 

マウス ・・・( “ 絶対的な恐怖 ” を見せる必要がある! )

 

マウス ・・・( 見せるだけではない! 植えつけるのだ…! )

 

マウス ・・・( 中途半端にジャスティスマンをしたんじゃ、 )

 

マウス ・・・( また同じことを繰り返すだけ… )

 

マウス ・・・( だからしばらく機能しないように全部奪えばいいのさ笑 )

 

マウス ・・・( かわりにこっちがやるのは絶望…! )

 

マウス ・・・( 害虫退治といったところだ…! ハッハッハ…! )

 

 

 

 

 

やっぱり今回は話が長いからぁ~

 

次の更新で完結するように書くことにしたんだぜぇ~?

 

 

ってなわけで次回予告をしようじゃないか!

 

 

次回!! 第15話 「偽りの友情」

 

デュエル☆スタンガン!!

 

 

この物語はフィクションであり、

 

実在の人物・団体とは一切関係ありません(笑)