ぼくたちのナチュラルハイ!

健常者は見ちゃだめ!ぜったい!

第10話 「オブジェ笑」

 

 

f:id:Maus-Bellator:20161214140736j:plain

 

ゼハハハハハ…!!!!

 

久しぶりだなァ!! おめえらァ!!

 

シャーカー伝説以来かァ!?

 

懐かしいなァ!

 

ゼハハハハハハ…!!!!

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

マウス :「 よーーーーーーーォ。 」

 

マウス :「 頼みがあるんだが? 」

 

 

「 なぁ、なぁに、なぁに、マウシュしゃーん。 」

 

 

f:id:Maus-Bellator:20161214080641j:plain

 

<<  ファット☆サイコシス  >>

 

 

マウス・・・( 気持ちわりーなぁ~。話かけてくんじゃねーよ。 )

 

マウス・・・( って話かけたのオレか笑。 )

 

 

マウス :「 代わりに売ってきてくれる? 」

 

 

ファット :「 え、なぁにうりゅの? 」

 

 

マウス :「 おれだと売りづらいもの。 」

 

マウス :「 警戒されるかもしれねーからな。 」

 

 

マウス :「 おまえなら問題ないだろ? 」

 

マウス :「 希望に近い金額で売れたら最低でも5万は払う。 」

 

マウス :「 交渉は店のほうがいいな。 」

 

 

ファット :「 それ聞いたら、やりゅきでてきたよぉー。 」

 

ファット :「 でもさあ~ でもさあ~、 」

 

ファット :「 売れたら5万くれるって賞品系とかなにょお? 」

 

 

f:id:Maus-Bellator:20161214080659j:plain

 

ー Testament of the Arcane Lords ー

 

( 魔導神のオブジェ )


・2006年遊戯王世界大会優勝賞品。

 

 

f:id:Maus-Bellator:20161214080718j:plain

 

ー Chimaera, the Master of Beasts ー

 

( 獣王キマイラ )


・2007年遊戯王世界大会優勝賞品。

 

 

ファット :「 ものほんみたら、ほちくなっちゃうよお~。 」

 

ファット :「 やヴぁいよ、やヴぁいよ、 」

 

ファット :「 ぼきゅがほちくなってきちゃったよお~。 」

 

 

マウス・・・( おまえに金がありゃとっくに養分にしてるって笑。 )

 

マウス・・・( じゃなくても養分だがな笑。 )

 

 

マウス :「 買えるだけの金があるなら、 」

 

マウス :「 もちろんいつでも売ってやるさ。 」

 

マウス :「 ただおまえ忘れんなよ? 」

 

マウス :「 まだこうして会ってない頃… 」

 

マウス :「 インターネット上で、 」

 

マウス :「 おれから何回取引バックレてると思ってやがんだ…! 」

 

マウス :「 そういう意味では他の人間も言ってたし、 」

 

マウス :「 割と有名だぞ? 」

 

マウス :「 さすがに自覚はあると思うがな。 」

 

 

ファット :「 そ、それを言われるとぼきゅは何も言えない! 」

 

 

マウス :「 どーせそういうのは直らんし、 」

 

マウス :「 おれにまたやったら補填させっから覚悟しとけよ? 笑。 」

 

 

ファット :「 や、やめてよぉ~。 」

 

 

マウス :「 やめねー。 」

 

マウス :「 おまえのコレクションなんか全部、 」

 

マウス :「 ブルドーザーだぜ笑。 」

 

マウス :「 当然だろ? 」

 

 

ファット :「 と、とりゅあえじゅ、どうくちゅ行ってくりゅ! 」

 

 

マウス :「 あそこはもう買わないって前言われたな。 」

 

( おれだからかもしれんがな。 )

 

 

ファット :「 もう1店舗増えるから聞いてみりゅよ。 」

 

ファット :「 いけちょうなきがしゅる。 」

 

 

マウス :「 そっか。 」

 

マウス :「 じゃーいけなかったら遠慮なく殺すぞ?笑。 」

 

 

 

 

 

   ー 第10話 「オブジェ笑」 ー

 

 

 

 

 

マウス :「 こりゃ予想外。。 」

 

 

ファット :「 ほら、おいらの言ったとおりでちょ。 」

 

ファット :「 レジェンダリーマジシャン前売ったじゃん? 」

 

ファット :「 でもどうくちゅの店舗、増えるから、 」

 

ファット :「 飾り的にもいいかな~って思って。 」

 

 

 

マウス・・・( 持ってるな… ) 

 

マウス・・・( ってその前におまえに語られると何かシャクにさわるな。 )

 

マウス・・・( それより思わず笑ってしまうこの気持ち悪さ、 )

 

マウス・・・( どーにかなんねーのか! )

 

マウス・・・( 今すぐにビービー弾でもぶっぱなしてやりたいところだが、 )

 

マウス・・・( 我慢だな。 )

 

マウス・・・( ま、これが終わったら好きなだけ撃てるわけだし、 )

 

マウス・・・( 自分へのご褒美ってことでっ♪ )

 

マウス・・・( 楽しみは残しておかないと♩ ね♫ )

 

 

マウス :「 よし。100なら売るぞ。 」

 

マウス :「 後で95で渡してくれ。 」

 

 

ファット :「 うんわかった。 」

 

 

マウス :「 で、今日中には受け取れんのか? 」

 

 

ファット :「 いけるってゆってたよお~ん。 」

 

 

 

こうしてまず、獣王キマイラが消えた。

 

 

 

ファット :「 やったあ~、やったあ~。 」

 

ファット :「 おこじゅかい手に入ったよおお~。 」

 

ファット :「 これで5万もらえるならもっとやりたいにょお~。 」

 

 

マウス :「 手に入った日にまさか売れるとは思わんかった。 」

 

マウス :「 残りは魔導神のオブジェか…。 」

 

 

ファット :「 しょーだね。 」

 

ファット :「 でもワンチャンぼきゅほちいかも。 」

 

 

マウス :「 どーせ買えねーだろ? 」

 

 

ファット :「 お、おかねがあればぁ。 」

 

 

マウス :「 消費者金融から借りてくるって手があるぞ。 」

 

 

ファット :「 ぼ、ぼきゅ、生活保護うけてりゅから、 」

 

ファット :「 消費者金融からはお金かりれにゃいよお~。 」

 

 

マウス :「 なら借りるという選択肢は消えるか。 」

 

マウス :「 イコール買えないってことになるわけだが?笑。 」

 

マウス :「 おまえに金貸す奴なんていねーだろ? 」

 

 

 

マウスとファットは一旦別れる。

 

 

それから数時間後ー。

 

ある店で偶然、

 

マウスとファットが再会することに。

 

 

 

ファット :「 ねえねえ、マウシュさん、マウシュさん、 」

 

ファット :「 魔導神のオブジェほちいんだけど、 」

 

ファット :「 80で売ってくれりゅ? 」

 

 

マウス :「 あー分割ならお断りだぞ。 」

 

マウス :「 そーいうのめんどくせーしな。 」

 

マウス :「 尚更おまえじゃん! 無理に決まってんだろーが…! 」

 

マウス :「 最初から無理な質問してくんじゃねぇーよ。 」

 

 

マウス :「 まー。十中八九ありえねーと思うが一応聞いておくぞ。 」

 

マウス :「 一括で今すぐに80万払えんのか? 」

 

 

ファット :「 うん。 」

 

 

マウス :「 あ? 」

 

マウス :「 あぁ?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 」

 

 

ファット :「 さっきお金貸してくれりゅ人みちゅけたの! 」

 

 

マウス :「 80まるまる、おまえに貸す奴が?? 」

 

 

ファット :「 うん。 」

 

 

マウス :「 あ、あそ。。 」

 

 

 

マウス・・・( 馬鹿な… )

 

マウス・・・( こいつにふつー金貸すか?? )

 

マウス・・・( どーいう神経してやがる… )

 

マウス・・・( 少なくともイカれてるな。 )

 

マウス・・・( 今日中に借りれるってーのもすげー話だが、 )

 

マウス・・・( それが本当なら手に入れた日に、 )

 

マウス・・・( 2つとも売れるってことになる… )

 

マウス・・・( おれの予想じゃ良くて1つ売れるかどーかだった。 )

 

マウス・・・( ってまてよ…。 )

 

マウス・・・( そもそもまず、 )

 

マウス・・・( おれにいくらで売ってくれるかって話をしてきたな。 )

 

マウス・・・( その上、借りる相手を見つけたと。 )

 

マウス・・・( ってことは金額的に考えてまだ借りてないはず… )

 

マウス・・・( この推測が正しければ、この後に借りるってことになる…! )

 

マウス・・・( じゃあ貸す奴が誰なのかわかるじゃーん笑。 )

 

マウス・・・( どーせあいつは返せない。 )

 

マウス・・・( それはわかりきってること。 )

 

マウス・・・( 魔導神のオブジェを売るだけじゃ終わらせないよ。 )

 

マウス・・・( 貸した側と借りた側を和解させることで、 )

 

マウス・・・( もしかしたら、 )

 

マウス・・・( 魔導神のオブジェが破格でぼくの元に戻ってくるかもしれない。 )

 

マウス・・・( いいねえ笑。 )

 

マウス・・・( これ、何て言うか知ってる? )

 

マウス・・・( “ 和解ビジネス ” )

 

マウス・・・( 今からおれがすることよ。 )

 

 

 

それからまもなく、ファットは、

 

「オリオリ」という人物から80を借り、

 

そのままマウスに払った。 

 

ここで魔導神のオブジェも消えることに。

 

 

それから数か月後ー

 

オリオリがマウスに一本の電話をすることによってはじまる。

 

 

オリオリ :「 マウスさ~ん。 」

 

オリオリ :「 ファットからお金返ってこないんですけど! 」

 

 

マウス :「 だろうねww 」

 

マウス :「 ハナから返ってくるとは思ってなかったぞw 」

 

 

オリオリ :「 どうしたらいいですか。 」

 

オリオリ :「 ファットからお金回収したいんですけど! 」

 

 

マウス :「 そうだなァ笑。 」

 

マウス :「 1つ条件をのんでくれりゃあ、 」

 

マウス :「 協力できないこともないが?w 」

 

 

オリオリ :「 条件ですか。 」

 

オリオリ :「 条件ってどんな条件になります?w 」

 

 

マウス :「 オレが今とっさに浮かんだ案だが、 」

 

マウス :「 ファットはまだ魔導神のオブジェを持っている。 」

 

マウス :「 だがオリオリがそれを回収しても、 」

 

マウス :「 売る場所に困るはずだ。 」

 

マウス :「 そこでだ! 」

 

マウス :「 ずばるところ、オレが買い取るのさ! 」

 

マウス :「 そうすりゃ、半分以上は一気に返ってくるだろう? 」

 

マウス :「 残りはファットに借用書を書かせる。 」

 

マウス :「 分割になると思うが、 」

 

マウス :「 ひとまず、半分以上も回収できれば上出来だろう? 」

 

マウス :「 オレが魔導神のオブジェを買い取れるなら、 」

 

マウス :「 オレにも利がある。 」

 

マウス :「 それなら協力する意味が生まれる。 」

 

マウス :「 利害が一致する方法はこれしか浮かばないなァ笑。 」

 

 

マウス :「 オレは、オリオリがファットからまず、 」

 

マウス :「 魔導神のオブジェを回収するところを手伝う。 」

 

マウス :「 回収に成功したら、オレが50くらいで下取りしてやる。 」

 

マウス :「 そうすれば、ファットから実質50回収できたことになる。 」

 

マウス :「 残りの30は分割で払わせる。 」

 

マウス :「 勿論、ファットに信用はないが、 」

 

マウス :「 カタチだけでも借用書を書かせる。 」

 

マウス :「 どうだ? 」

 

マウス :「 オレは魔導神のオブジェを下取りできりゃいいんだ笑。 」

  

マウス :「 さあ、どうする? 」

 

マウス :「 オレが協力すれば強力だぞ。 」

 

 

オリオリ :「 じゃーそれでw 」

 

オリオリ :「 それでお願いします! 」

 

オリオリ :「 とりあえずあのブタ野郎から、 」

 

オリオリ :「 多少回収できればいいんで。 」

 

 

マウス ・・・( おめーもブタだろwwwwwwwwwwwwwww )

 

マウス ・・・( まあファットの野郎は、 )

 

マウス ・・・( 魔導神のオブジェ・レンタルサービスでも、 )

 

マウス ・・・( 利用したのかぁ?w )

 

マウス ・・・( はい、レンタル料30万~wwwwww )

 

マウス ・・・( しかもファットにオブジェ売ってから、 )

 

マウス ・・・( 1ヵ月くらいしか経ってねーしw )

 

マウス ・・・( 魔導神のオブジェ? )

 

マウス ・・・( んなもん、没収だよ、没収wwww )

 

マウス ・・・( あとはオリオリに30万払ってね~ )

 

マウス ・・・( はい、ただの養分~wwwwwwwww )

 

 

その後、マウスの手筈により、

 

ファット、オリオリ、マウスの3人で対面する機会を設け、

 

その場でファットから魔導神のオブジェを回収、

 

マウスは速やかに、オリオリに約50万ほど渡した。

 

その後、オリオリはファットに30万の借用書を書かせ、

 

ことは収まった。

 

 

マウス :「 ゼハハハハハハ…!! 」

 

マウス :「 オレんところに戻ってくんの、 」

 

マウス :「 随分とはやかったなァ! 」

 

マウス :「 魔導神のオブジェさんよう! 」

 

マウス :「 そんなにあのブタ野郎のところから、 」

 

マウス :「 離れたかったのかァ? 」

 

マウス :「 ゼハハハ!! 」

 

マウス :「 それにしても、 」

 

マウス :「 オレはおめーから早く離れてェんだよ! 」

 

マウス :「 そんなわけで、おめーには悪ぃが、 」

 

マウス :「 即座に売却してオサラバさせてもらうぜ! 」

 

マウス :「 ゼハハハハハハ…!!!! 」

 

マウス :「 紙屑なんかにヨウはねェよ! 」

 

マウス :「 オレが欲しいのは紙屑より金さ! 」

 

マウス :「 そしてそこに愉快なすとぅ~りぃ~があれば、 」

 

マウス :「 一石二鳥!! ナチュラルハイ案件ってわけさ!! 」

 

マウス :「 ゼハハハハハハ…!! 」

 

 

 

マウスはすぐに、チュダック☆ファーシルを通し、

 

マンショ☆ライスボールに交渉した。

 

その結果、

 

ライスボールが経営する店、いっぽんまんぞくぅ!

 

に売却することが決まった。

 

 

獣王キマイラと魔導神のオブジェを入手→ 2つとも入手した日に売却。

 

魔導神のオブジェを再び入手→ 入手した日に売却。

 

 

 

ライスボール :「 あ~。 」

 

ライスボール :「 遂に手に入れてしまったか… 」

 

ライスボール :「 これはさすがに金庫に保管します! 」

 

 

マウス :「 ドリルにまんぞくぅ♪ まんぞくぅ~う♬ 」

 

 

 

 

 

次回は!

 

ラファスピードCSで!

 

窃盗した!

 

2人が!

 

なんと!

 

返、還、し、ま、す。

 

そ、し、て、

 

破、壊、さ、れ、ま、す。

 

さらに、

 

警察のお世話になり、

 

大手まとめブログに!

 

の、っ、ち、ゃ、い、ま、す!

 

 

次回!! 第11話 「返還窃盗♬」

 

デュエル☆スタンガン!!

 

 

この物語はフィクションであり、

 

実在の人物・団体とは一切関係ありません(笑)