ぼくたちのナチュラルハイ!

健常者は見ちゃだめ!ぜったい!

第4話 「顔が賢者なんだぜ~?」

 

 

くじ引き専門店 くるりんぱ ー

 

 

がさ がさ がさ がさっ! 

 

( ※自分の乳首に両手をあててコスってる音 )

 

 

「 オレの乳首がたってるんだぜ~? 」

 

「 かゆいんだぜ~? 」

 

がさ がさ がさ がさっ!

 

 

f:id:Maus-Bellator:20161008232119j:plain

 

<<  ライ☆ビッグ  >>

 

<<  くじ引き専門店 くるりんぱの「顔」  >>

 

 

ライ :「 マウス、マウス、マウスっ! 」

 

ライ :「 どう? 」

 

 

マウス :「 ・・・笑笑笑。 」

 

( とりあえず後ろを向いて笑う。 )

 

 

ライ :「 オレの必殺技なんだぜ~? 」

 

 

マウス :「 賢者みたいな技なんだぜ~? 」

 

 

ライ ・・・ ( ムっ! )

 

 

ライ :「 あのさっ! バカにするのは別にいいんだけどさ! 」

 

ライ :「 いいんだけど~! いいんだけど~! 」

 

ライ :「 そのかわり、おまえサラウよ? 」

 

 

マウス ・・・( いいんじゃねーのかよwww )

 

 

ライ :「 オレほんと、サラおうとしたことあるからさっ! 」

 

ライ :「 昔ムカついてる奴がいてさ! 」

 

ライ :「 夜道で後ろから紙袋かぶせて、サラおうとしたことあるよっ! 」

 

 

マウス ・・・( 誰も聞いてねーよwwwwwww )

 

 

ライ :「 いや、マジで! 」

 

ライ :「 やばくない?笑。 」

 

ライ :「 いきなり夜道歩いてたら、後ろから紙袋かぶせられて、 」

 

ライ :「 サラわれるんだよ?笑。 」

 

ライ :「 めっちゃ怖いよ! 」

 

ライ :「 だって、普通に考えてみ? 」

 

ライ :「 そんなんされたら、たまったもんじゃないよっ! 」

 

 

このタイミングで客が来店 ー

 

 

ライ :「 いらっしゃいませぇ~~えっ! 」

 

( 賢者みたいな顔による賢者みたいな作り笑い。 )

 

 

マウス ・・・( はい、いただきました笑。 ライビッグスマ~イル♬ )

 

 

ライ :「 マウス、マウス、マウスっ! 」

 

ライ :「 賢者みたいな顔してるけど、大丈夫? 」

 

 

マウス ・・・( おめーが言うなよwwwwwww )

 

 

マウス :「 そういえば、 」

 

マウス :「 さっきACSホープレイヴィクトリーのプレイマット! 」

 

マウス :「 侍で10万で売れましたよ! 」

 

 

ライ :「 嘘っ! 」

 

ライ :「 バカじゃね? 」

 

ライ :「 えっ? じゅう(10)? 」

 

ライ :「 バカでしょ! 」

 

ライ :「 え、嘘でしょ! 」

 

 

マウス ・・・( はい、誘導せいこ~う! )

 

マウス ・・・( 恒例の、バカでしょ! 嘘でしょ! )

 

マウス ・・・( 確かにいただきました笑。 )

 

マウス ・・・( そして、その顔w )

 

マウス ・・・( 顔が賢者なんだぜ~?wwwwwww )

 

 

「 はい、いっぱこぉ~~~ぅ!! 」

 

 

f:id:Maus-Bellator:20161009002040j:plain

 

<<  ツィガロ☆メディカモン  >>

 

 

マウス ・・・( はい薬ちゅうの来店で~す♬ )

 

 

ツィガロ :「 マウスさんチョット来て! 」

 

 

マウス :「 はい、何でしょうか?笑。 」

 

マウス :「 場違いにも程があるんで帰ってもらっていいですか?笑。 」

 

 

ツィガロ :「 おめーに言われたくねーよw 」

 

ツィガロ :「 いや、おめーに言われたくねーよw 」

 

 

マウス :「 2回も言っちゃう~? 」

 

 

ツィガロ :「 そりゃ2回も言うわ! 」

 

ツィガロ :「 ・・・ 」

 

ツィガロ :「 そりゃ2回も言うわ! 」

 

 

マウス :「 また2回言っちゃう~? 」

 

 

ツィガロ :「 さっき~! また警察に職質されました! 」

 

ツィガロ :「 ま~たかよ! うん、ま~たかよ! 」

 

ツィガロ :「 ふぅ~~~!!! 」

 

ツィガロ :「 こないだも職質されたもん♬ 」

 

 

マウス :「 そりゃその見た目じゃね~笑。 」

 

 

ツィガロ :「 いや、おめーに言われたくねーから! 」

 

ツィガロ :「 いや、ホントに! 」

 

ツィガロ :「 さーすがに~! 」

 

ツィガロ :「 おめーに言われたくねーから! ( ドヤ! )」

 

 

マウス :「 このくだりまだやる~? 」

 

 

ツィガロ :「 まだやるぅ~! 」

 

 

マウス :「 はよ帰れやwwwwww 」

 

 

ツィガロ :「 ・・ ( 一旦フリーズ ) 」

 

 

マウス :「 ところで、ぼくは~! 」

 

マウス :「 ここ周辺で職質されたことないんで~! 」

 

 

ツィガロ :「 いや、そーれは嘘でしょ~? 」

 

ツィガロ :「 いや、さ~すがに、そーれは嘘でしょ~? 」

 

 

マウス :「 だってあんたみたいに薬ちゅうみたいな顔してないもん♬ 」

 

マウス :「 はい論破~♬ 」

 

 

プルルルルルルルル・・・

 

マウス :「 あ、電話! 」

 

マウス :「 はい、もしもし。 」

 

 

「 マウスさ~ん、今日インカジ行こうよ~♬ 」

 

 

f:id:Maus-Bellator:20161009003834j:plain

 

<<  ジョーコ☆ディペンダンス  >>

 

 

マウス ・・・( 変な奴から電話キターーーーーーーっ!! )

 

マウス ・・・( しかもこのタイミングで笑。 )

 

 

ジョーコ :「 今どこいるの? 」

 

 

マウス :「 くるりんぱにいるお! 」

 

 

ジョーコ :「 今ちょうど下にいるよ。 」

 

 

マウス :「 ちょうどツィガロもいるお! 」

 

マウス :「 車? 」

 

 

ジョーコ :「 うん。 」

 

 

マウス :「 それでは今から下行きま~す♬ 」

 

 

ジョーコ :「 早めで。 」

 

 

 

場面変わりー

 

くるりんぱの下にてー

 

 

マウス :「 あ、いたいた! 」

 

マウス :「 車ん中に変な奴がいますねぇ~♬ 」

 

 

ジョーコ :「 ♪ 」

 

 

マウス :「 また更新されてますねぇ~♬ 」

 

マウス :「 見てみん? 」

 

マウス :「 ギャンブルで負けすぎて、 」

 

マウス :「 どんどん見た目が劣化してますねぇー笑。 」

 

マウス :「 同じ年とは思えない、あのやつれ具合…♩ 」

 

マウス :「 相変わらずふにゃふにゃ♬ 」

 

 

ツィガロ :「 たーしかに! 」

 

 

ガチャ…! ( 車のドアを開ける )

 

 

マウス :「 おいおい! 」

 

マウス :「 車の扉開けて、 」

 

マウス :「 いきなり銃(エアガン)が3丁も出てくる車なんてあるか?笑。 」

 

 

ジョーコ :「 それは帰りの楽しみだから♩ マウスさん♩」

 

 

ツィガロ :「 どこ行くー? 」

 

 

ジョーコ :「 オレはマウスさんとパワーアップ行くよ♪ 」

 

 

ツィガロ :「 オレはライビッグに台打ち頼まれてるから、 」

 

ツィガロ :「 マーブル(裏スロ)行くよ! 」

 

 

マウス :「 ってことは、ライビッグも後で来るの? 」

 

 

ツィガロ :「 うん! 」

 

 

ジョーコ :「 どうせ駐車場一緒だから♪ 」

 

ジョーコ :「 そこまで行きましょう♪ 」

 

 

マウス :「 LIB♬ LIB♬ ヤクザじゃないよ♬ ライビッグ…!! 」

 

 

ツィガロ :「 あ、チクろ! 」

 

 

マウス :「 それはやば~い♬ 」

 

 

ツィガロ :「 ジョーコさん! 」

 

ツィガロ :「 マウスのライビッグのモノマネ… 結構上手いよ! 」

 

 

ジョーコ :「 なになに? やってよ♬ 」

 

 

マウス :「 じゃあ~♬ 」

 

マウス :「 買取来たときのモノマネ♬ 」

 

マウス :「 いやぁ~ これは~ ごひゃくぅ… ごひゃくぅ… 」

 

マウス :「 ごひゃくぅ… ぐらいしかぁ~ ちょっとぉ~ 」

 

マウス :「 うちでは出せないんですけどぉ… 」

 

マウス :「 客: スラッシュ買取が700なので600なら! 」

 

マウス :「 あ~、いやぁ~~~! その価格だとぉ… 」

 

マウス :「 うち厳しいんですけどぉ… 厳しいんだけどぉお~… 」

 

マウス :「 わかりました! 600いっちゃいましょう! 」

 

 

ツィガロ :「 はい、チクろ! 」

 

 

マウス :「 おい! 言わせといておかしーだろw 」

 

 

ツィガロ :「 さーすがに、チクリ! 」

 

 

マウス :「 実際聞いてどう思ったのよ? 」

 

 

ツィガロ :「 シャークされるセンスしかないね! うん! 」

 

 

マウス :「 あ、チクろ! 」

 

 

ツィガロ :「 やめろよw すぐチクるのはセコイだろw 」

 

 

マウス :「 ま~、実際、あいつ賢者みたいな顔してるし! 」

 

 

ツィガロ : 「 ハッハッハッハッハッハッハッハッハ…www 」

 

 

マウス :「 爆笑かよw 」

 

 

ツィガロ :「 マウスさん、それ、さーすがに笑う! 」

 

ツィガロ :「 もう1回言うよ? さーすがに笑う! 」

 

 

マウス :「 あ、言っとこ♬ 」

 

 

ツィガロ :「 やめろよマジでw 」

 

 

マウス :「 いや、絶対言おw 」

 

 

ツィガロ :「 オレはマジで怒られるからやめろよw ホントに! 」

 

 

マウス :「 マジレスかよwwwwwww 」

 

 

 

そして一同は、

 

パワーアップ(インカジ)&マーブル(裏スロ)へ向かうんだわさ!

 

 

続く…!!

 

 

今回はプロローーーーグっ!

 

的なノリだから、次の回から本格的に踊るよん♬

 

よん♬ よよん♬

 

次回!! 第5話 「アイスココアァーーーっ!!!!」

 

デュエル☆スタンガン!!

 

 

この物語はフィクションであり、

 

実在の人物・団体とは一切関係ありません(笑)