ぼくたちのナチュラルハイ!

健常者は見ちゃだめ!ぜったい!

第2話 「ディアボ!」

 

f:id:Maus-Bellator:20160910204924j:plain

 

 

「 ピャァーーーーーーーーーーーーーーーッ!!! 」

 

 

ライスボール :「 うぉお!!? 」

 

ライスボール :「 何すかぁ?笑 」

 

 

「 ケッケラ ケラケラ!! 」

 

「 ふぃ~~~~~~~~~ぃ!!! 」

 

 

 

f:id:Maus-Bellator:20160910205736j:plain

 

<<  マウス☆ベラトール  >>

 

<<  “電撃鮫鼠( ライトニング・ボルチュー )”  >>

 

<<  “ 世界のマウス☆ ”  >>

 

 

マウス :「 サンダーブレイクとサンダーボルト、どっちがいい? 」

 

マウス :「 ニタァ… 」

 

 

ライスボール :「 いやぁ、どっちもやっすよ笑。 」

 

 

チュダック :「 とりあえず~! こいつは無視でいいっすよ! 」

 

チュダック :「 さーすーがーに!! 」

 

 

ファニー :「 ねえねえ~? 何して遊ぶぅ~?? 」

 

 

チュダック :「 あっ! こいつも無視でいいっすよ笑。 」

 

 

ファニー :「 ガプッ! ブルブルブルブルッ! 」

 

 

ライスボール :「 チュダックさんの周りヤバい人多くないですか?笑。 」

 

 

チュダック :「 いや! こいつらがヤバいだけなんで~~!! 」

 

 

マウス :「 スタンガンで遊ぼぉ~♬ 」

 

 

ファニー :「 いいよ~♪ 何して遊ぶぅ~? 」

 

 

マウス :「 わかんな~ぃい♬ 」

 

 

ファニー :「 じゃぁ、じゃんけんしよぉ~♪ 」

 

ファニー :「 最初は~♪ 」

 

ファニー :「 パー♪ 」

 

ファニー :「 てへっ てへへへへへへへッ!! 」

 

ファニー :「 ん~! オレの頭がパーーーー♪♪ 」

 

ファニー :「 キィィィィィィィィィィィイイ!!! 」

 

 

マウス :「 何それぇ~? たのちいの~? ケラケラ! 」

 

 

ファニー :「 ん~! プテラノドンのモノマネぇ~♪♪ 」

 

 

マウス :「 じゃぁ~あ~! ぼく障害者のマネちよっかなぁ~♬ 」

 

マウス :「 あっ! それオレだった♬ 」

 

 

ファニー :「 えへッ♪ 」

 

マウス :「 えへッ♬ 」

 

 

ファニー :「 えへへへへへへへへへへへへへへへへへ…♪ 」

 

マウス :「 えへへへへへへへへへへへへへへへへへへ…♬ 」

 

 

チュダック :「 ディアボの話、マウスからさせようと思ったんですけど~! 」

 

チュダック :「 あの様子だと無理なんで~! オォーーーン! 」

 

チュダック :「 ぼくのほうからさせていただきます! 」

 

チュダック :「 さーすーがーに!笑。 」

 

 

ライスボール :「 教えてください笑。 」

 

 

チュダック :「 いいおー! いくら見ぃ~? 」

 

 

ライスボール :「 えぇ?笑。 」

 

 

チュダック :「 嘘です! 今のは冗談です! 」

 

チュダック :「 今のは、さすがに忘れてください! 」

 

チュダック :「 ぼくの口からきちんと説明させていただきますので~! 」

 

チュダック :「 マ~ジで!! 」

 

 

ライスボール :「 はい笑。 」

 

 

チュダック :「 いや~! こいつらのせいで、 」

 

チュダック :「 ぼくまで若干移っちゃったみたいなんで~! 」

 

チュダック :「 さすがに今から直します! 」

 

 

ライスボール ・・・ ( いや、君も仲間でしょ笑。 )

 

 

チュダック :「 とりあえず、ディアボは~! お察しの通り~! 」

 

チュダック :「 マックスユーのことなんですけど~!笑。 」

 

チュダック :「 は~いっィ…! 」

 

チュダック :「 なんか~! マックスユーが自転車に乗ってるところを~! 」

 

チュダック :「 ちょうど見たって人がいまして~! は~いっィ…! 」

 

チュダック :「 なんか坂の上からドヤ顔で~! 」

 

チュダック :「 自転車でマックスユーが走ってきて~! 」

 

チュダック :「 電柱に正面から激突するじゃ~ん?笑。 」

 

チュダック :「 激突した瞬間に~! 」

 

チュダック :「 ディアボ!って言ったらしいんですよね!笑笑。 」

 

チュダック :「 しかも~! そのあとなんですけど~! 」

 

チュダック :「 電柱にたいして~! 」

 

チュダック :「 マックスユーと自転車が左右に分裂して、 」

 

チュダック :「 倒れたらしいんですよ~!笑。 」

 

チュダック :「 控えめに言って、2つに分かれるって感じですね~! 」

 

チュダック :「 うぅ~ん! 」

 

チュダック :「 それで~! へへへへへっ笑。 」

 

チュダック :「 やべー。 笑っちまう笑。 」

 

チュダック :「 こっからさらに続きがありまして~! 」

 

チュダック :「 2つに分かれて転倒してから~! 」

 

チュダック :「 マックスユーがしばらく、 」

 

チュダック :「 動かなかったらしいんですよ~!笑笑。 」

 

チュダック :「 たぶぅ~ん! 気絶してたべ笑。 」

 

チュダック :「 みたいな感じっす笑。 」

 

 

ライスボール :「 あははははははっ!!!!!笑。 」

 

ライスボール :「 それは面白いですね笑笑。 」

 

ライスボール :「 だから最近やたらとチュダックさん、 」

 

ライスボール :「 ディアボ!って言ってたんですね笑。 」

 

ライスボール :「 なるほど、そういうことだったのか笑。 」

 

ライスボール :「 それ聞いて今回の件、どうでもよくなりましたよ笑。 」

 

 

チュダック :「 いや! さすがに~! 」

 

チュダック :「 今回の件と~! ディアボの話はべ~つ! 」

 

チュダック :「 マ~ジで!! 」

 

 

ライスボール :「 まぁ~ そうですけどねぇ笑。 」

 

 

チュダック :「 ディアボ! 」

 

 

 

場面変わりー

 

 

マックスユー :「 おまえ、やヴぁいべぇ~! 」

 

マックスユー :「 ツリッターに大量に買ったとかツイートしたせいで、 」

 

マックスユー :「 ネットでやヴぁいことになってるべぇ~! 」

 

マックスユー :「 今回ごり押して買った意味ないべぇ~! 」

 

マックスユー :「 しかもごり押して買ったやつ盗まれたべぇ~! 」

 

マックスユー :「 その損害、全部おまえ払うしかないべぇ~! 」

 

 

 

「 いや~ まじですかぁ~・・ 」

 

 

 

f:id:Maus-Bellator:20160910221310j:plain

 

 

<<  ウートカ☆ウートカ  >>

 

 

マックスユー :「 まじですかぁ~、じゃないべぇ~! 」

 

マックスユー :「 落とし前つけるしかないべぇ~! 」

 

 

ウートカ :「 そんな額払ったらぼく破産しちゃいますよぉ~。 」

 

 

マックスユー :「 破産しちゃえばいいべぇ~! 」

 

 

ウートカ :「 は、払いますよぉ・・ 」

 

ウートカ :「 ぼくの名前が払いますって言ってるので。。 」

 

 

マックスユー :「 それは、さすがに…! 」

 

マックスユー :「 やヴぁいべぇ~!! 」

 

 

 

 

 

ヤーバイヤーバイお話し!

 

でもこんなのまだ朝飯前!!

 

次回!! 第3話 「こども銀行!」

 

デュエル☆スタンガン!!

 

 

この物語はフィクションであり、

 

実在の人物・団体とは一切関係ありません(笑)