ぼくたちのナチュラルハイ!

健常者は見ちゃだめ!ぜったい!

第9話 「お仕置き♪」

 

 

とあるレンタカーショップからー

 

 

ブゥゥン!!( エンジンをかける音 )

 

 

ツィガロ:「 ・・ 」

 

 

マウス :「 ニヤァ 」

 

マウス :「 世話のやける野郎だ。 」

 

マウス :「 こんなど田舎で “ 張り込み ” しなきゃならねェとは! 」

 

 

ツィガロ :「 ほ~んとだよっ! 」

 

ツィガロ :「 ってほ~んとだよっ! 」

 

 

マウス :「 ・・ 」

 

 

ツィガロ :「 はい発車! 」

 

 

マウス :「 ? 」

 

 

ブゥゥ――――――――っン!!!!!!

 

 

ツィガロ :「 ふぅ~~~~っ!! 」

 

 

※ 車のメーター( 60㎞超え )

 

 

マウス :「 おいおい。。 」

 

 

ツィガロ :「 はいそこのジジィひき殺すぞウェーイwwwww 」

 

 

マウス :「 レンタカーした瞬間に暴れんなやww 」

 

 

マウス :「 !? 」

 

 

ツィガロ :「 ウェイ!ウェイ!ウェイ!ウェイ!ウェイ! 」

 

車は大きく右へ

 

 

ツィガロ :「 ウェイ!ウェイ!ウェイ!ウェイ!ウェイ! 」

 

車は大きく左へ

 

 

マウス :「 ジェットコースター楽しいぃ~っ♬ 」

 

 

ツィガロ :「 はい、そこのババアもひき殺すぞウェーイwwwww 」

 

 

マウス :「 って張り込む前に捕まるやろこのアホナスゥ…!!!! 」

 

 

ツィガロ :「 いっぱこぉ~ぅ♬ 」

 

 

 

 

 

  ー 第9話 「お仕置き♪」 ー

 

 

 

 

 

とある人物の住宅地前ー

 

 

マウス :「 ここだ。 」

 

マウス :「 新しくできたアパートらしい。 」

 

 

マウス ・・・( 住人が使う共有の駐車場か・・ )

 

マウス ・・・( 敢えて今はこの駐車場に止めはしないが、 )

 

マウス ・・・( これはうまく利用できそうだな。 )

 

 

マウス :「 まずは水道栓を止める。 」

 

マウス :「 そうすりゃ、数時間以内には出てくるはずだ。 」

 

マウス :「 そこでツィガロ・・ 」

 

マウス :「 あんたが話をかけてくれ! 」

 

マウス :「 その隙にオレは車から降りて、 」

 

マウス :「 そいつの目の前に現れるとしよう…! 」

 

 

マウス・・・( “ ビトレイアル☆イルミネーション ” …!! )

 

マウス・・・( 楽しみだねぇ… おまえとの再会がよォ笑。 )

 

 

マウス・・・( オレは憎しみ深き男だ…! )

 

マウス・・・( 裏切りは許さねえ…!! )

 

マウス・・・( これからオレがすることを…! )

 

マウス・・・( 今までオレがやってきたことを…! )

 

マウス・・・( “ おまえら ” は好きでやってると思うだろう? )

 

マウス・・・( それは違う…! )

 

マウス・・・( 本当はやりたくなんかねェのさ…! )

 

マウス・・・( だが、そいつが犯した罪は償わせなきゃいけねェ…! )

 

マウス・・・( 理由はただ1つ…! )

 

マウス・・・( それがオレの “ 信念 ” だからさ…!! )

 

 

マウス :「 オレは人を憎んじゃいない。 」

 

マウス :「 そいつの罪を憎むんだ…! 」

 

マウス :「 罪さえ償ってもらえりゃ、全部水に流してやるさ。 」

 

マウス :「 それがオレのやり方…! 」

 

マウス :「 筋道さえ通ってりゃそれでいい…! 」

 

 

マウス :「 だがよ、ツィガロ・・ 」

 

マウス :「 こいつには何度もチャンスを与えたんだ… 」

 

マウス :「 最後の最後でまた裏切りやがったんだァ…!! 」

 

マウス :「 残念だよ。。 さすがのオレでも手の施しようがねェ… 」

 

マウス :「 だからよ…!! 」

 

マウス :「 こいつは “ 最期 ” を向かえるしかないのさ笑。 」

 

マウス :「 オレにやられる奴は決まってクズだ…!! 」

 

マウス :「 そうだろう? 」

 

マウス :「 “ 制裁 ” はあくまでも最終手段に過ぎない…!! 」

 

マウス :「 話の余地がなくなってはじめてオレは動くのさ!! 」

 

 

パリっ パリっ ( 割板ピーナッツを食ってる音 )

 

 

マウス :「 ごっくん! 」

 

 

ツィガロ :「 ジジィみてーな食いもん食いながら語ってんなやwww 」

 

 

マウス :「 なんだ? 欲しいのか? 」

 

マウス :「 美味いぞ! 」

 

マウス :「 食うか? 」

 

 

ツィガロ :「 ん~! 貰うぅ~! 」

 

 

マウス :「 って貰うんかいw 」

 

マウス :「 欲しいなら欲しいって最初から言わんかこのボケカスが! 」

 

 

ツィガロ :「 眠くなってきたな・・ ん~! 」

 

 

マウス :「 奴の家の明かりがついたらすぐに起こしてやるよ…! 」

 

マウス :「 見張っとくから好きに寝てろや! 」

 

 

マウス ・・・( ジジイ呼ばわりしてる奴がいきなり睡眠とは、、 )

 

マウス ・・・( これじゃ人のこと言えねーぜ? )

 

マウス ・・・( 張り込みはじめてまだ1時間も経ってねえのによ。 )

 

 

ツィガロ :「 すやすや~ 」

 

 

マウス :「 って寝んの早っw 」

 

 

ビトレイアル☆イルミネーションの家の扉に明かりがつく。

 

 

マウス :「 って明かりつくのも早っww 」

 

 

マウス :「 おい! ツィガロ!! 」

 

マウス :「 起きろや!! 」

 

マウス :「 明かりがついたぞ。 」

 

マウス :「 こりゃすぐに出てくる! 」

 

 

ツィガロ :「 さーすーがーに! 早すぎでしょ! 」

 

ツィガロ :「 いや、さーすーがーに! 早すぎでしょ! 」

 

 

マウス :「 そこの駐車場に車止めてもいいか、 」

 

マウス :「 適当な質問して時間稼いでくれや! 」

 

マウス :「 その間にオレはゆっくりとそいつの目の前に行く…!! 」

 

 

ビトレイアル☆イルミネーションが家から出てくる。

 

 

マウス :「 よし行け! 」

 

 

ツィガロが車から降り、ビトレイアル☆イルミネーションに接近する。

 

 

ツィガロ :「 すいませ~ん! 」

 

 

: 「 !? 」

 

 

f:id:Maus-Bellator:20161207003539p:plain

 

<<  ビトレイアル☆イルミネーション  >>

 

※ あほーの転売生活ブログ管理人

 

 

ツィガロ :「 ここの駐車場に、車止めても大丈夫ですかね…? 」

 

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ! 」

 

ビトレイアル :「 わ、か、り、ま、せ、んねぇ~ 」

 

 

マウスが車から降りる。

 

 

マウス :「 ニヤア… 」

 

 

ツィガロ :「 友達と来てて~! 」

 

ツィガロ :「 用事があるみたいで~! 」

 

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

 

ゴゴゴゴゴ・・

 

 

ビトレイアル :「 !!? 」

 

 

f:id:Maus-Bellator:20161207030303p:plain

 

<<  マウス☆ベラトール  >>

 

 

カタっ カタ カタ カタ カタ カタ カタっ・・・ 

 

( ビトレイアルの両腕が震える )

 

 

マウス : 「 ギロリ! ( 鋭い眼光 ) 」

 

 

ビトレイアル :「 ゾクっ・・・ 」

 

 

マウス :「 ・・ 」

 

 

ビトレイアル :「 ・・ 」

 

 

ビトレイアル :「 お、おまえかぁ!! 」

 

ビトレイアル :「 お、おまえが水道栓、と、止めたのかぁ!!! 」

 

 

しーん・・

 

 

ビトレイアル :「 ・・ 」

 

ツィガロ :「 (鋭い眼光) 」

 

マウス :「 (鋭い眼光) 」

 

 

ビトレイアル :「 ・・・・・ 」

 

 

マウス :「 (邪悪な笑み) 」

 

 

マウス :「 久しぶりだなァ…笑。 」

 

マウス :「 ビトレイアル☆イルミネーション…!!!! 」

 

 

マウス :「 何もオレは怒っちゃいない。 」

 

マウス :「 見りゃわかるだろう? 」

 

マウス :「 裏切りに裏切りを重ねたおまえから、 」

 

マウス :「 約束を果たしてもらうためにここに来たのさ…!! 」

 

マウス :「 それが終わればすぐに帰る…!! 」

  

 

ビトレイアル :「 ・・・ 」

 

 

マウス :「 オレがここに来た理由はおまえが一番わかってるはずだ。 」

 

マウス :「 オレの性格もな。 」

 

 

ビトレイアル :「 ・・ 」

 

 

ツィガロ :「 (鋭い眼光) 」

 

 

ビトレイアルはツィガロの鋭い眼光に気がつく。

 

 

ビトレイアル :「 ・・・ 」

 

 

ビトレイアル :「 なるほど、そーいうことか。。 」

 

 

ビトレイアルはこの状況の理解にようやく脳が追いついた。

 

 

ビトレイアル :「 こ、この人も入るの? 」

 

 

マウス :「 もちろん♪ 」

 

 

 

ビトレイアルの許可を取り、家の中へ本人を含む3人が入る。

 

 

まずマウスは、この重圧感に満ち溢れた空気を変えるかのように、

 

何故か昔話や雑談を淡々とし始める一方で、

 

ビトレイアルにとっては、マウス以上に緊張し警戒しなければならない、

 

まだ出会ってからまもない得体のしれない人間…

 

ツィガロにひたすら注意を払いながら、

 

本来なら怒り狂っていてもおかしくないであろうマウスが、

 

普段通りに会話してくるという予想外の展開に、

 

ただ翻弄されるしかなく、

 

この混沌とした空気と、いつ何が起きてもおかしくないという恐怖から、

 

ただただ精神的に追いつめられ続けているという状況の中、

 

むしろ、怒り狂ってくれたほうがわかりやすくて楽だ、そう思ってしまうほど、

 

あまりにも奇怪で、

 

おそらくこの状況で最も恐怖とストレスを味あわせる方法が行われていることは、

 

大抵の人間なら理解できる事態であるのだろう。

 

そう。これがマウスのペースなのだ。

 

 

 

マウス ・・・( 性格を知られている以上、 )

 

マウス ・・・( オレに対する免疫は少なからずあるはず。 )

 

マウス ・・・( だから、見せたことのない自分を見せることで、 )

 

マウス ・・・( ビトレイアルに恐怖を植えつけ、 )

 

マウス ・・・( 従わせる…! )

 

マウス ・・・( というより自主的に従わざるをえない状況に )

 

マウス ・・・( させるのがベストだろう。 )

 

マウス ・・・( こうすれば恐怖から解放される、 )

 

マウス ・・・( そう思わせることができればオレの勝ちだ…! )

 

 

マウス ・・・( 相手の立場よりも自分の立場のほうが上であれば、 )

 

マウス ・・・( どんな状況であっても、有利に事を進めることができる。 )

 

マウス ・・・( つまりこちらが不利になってもだ。 )

 

マウス ・・・( ツィガロを中へ入れた理由は言うまでもないが、 )

 

マウス ・・・(  何もさせない。 )

 

マウス ・・・( 存在しているだけで、 )

 

マウス ・・・( ビトレイアルに恐怖を味あわせ続けることができるからだ。 ) 

 

 

 

マウス :「 そうかい、カモ倉庫とはまだ会ってるのか笑。 」

 

 

マウスのスイッチが切り替わる。

 

 

マウス :「 それにしても苦労したよ…! 」

 

マウス :「 何と言っても半年以上も君からの連絡を待っていたからね♬ 」

 

マウス :「 全ての連絡手段を遮断された上に、 」

 

マウス :「 家に行っても出てくれないんじゃ仕方がない。 」

 

マウス :「 こーするしかなかったんだよ♪ 」

 

マウス :「 ぼくのリアルマネーは半年以上も行方不明だったわけだ。 」

 

マウス :「 それも “ 君の意志 ” でね♬ 」

 

マウス :「 ぼくは随分待ったほうだよ♪ 」

 

マウス :「 そこらの人間相手ならもう “ 終わってるんだ ” 」

 

マウス :「 君だから特別に対応していたのさ♪ 」

 

マウス :「 恩もあるしね♬ 」

 

マウス :「 さらに言うと、君が存在していなければ、 」

 

マウス :「 “ マウス☆ ” の存在は実現しなかった。 」

 

マウス :「 ぼくがシャーカーになって間もない頃、 」

 

マウス :「 君がぼくをさらなるシャーカーへ育てあげ、 」

 

マウス :「 数々のヒントを与えてくれた。 」

 

マウス :「 そう言っても過言ではないからだ。 」

 

 

マウス :「 それだけにぼくは悩んだよ。 」

 

マウス :「 そこで1つの答えに辿りついたんだ…! 」

 

マウス :「 君は用済みだってね。 」

 

マウス :「 もはや利用価値どころか、君と関わることによって、 」

 

マウス :「 得られるメリットはなさそうだと判断したからだ。 」

 

マウス :「 将来性ゼロの気難しい引きこもりニートに、 」

 

マウス :「 大金を持っていかれた挙句、そのまま飛ばれたんじゃ、 」

 

マウス :「 納得できる部分なんてないからね。 」

 

マウス :「 せめてぼくにとってどーでもいい存在にさえならなければ、 」

 

マウス :「 まだ救いようがあったと言ってもいいかもしれない。 」

 

マウス :「 でも今の君には可能性すら感じられない。 」

 

マウス :「 だからここへ来ることにしたんだ。 」

 

 

マウス :「 そうだね♬ 」

 

マウス :「 約束を果たしてもらう、と言っても、 」

 

マウス :「 その約束とはあくまでも “ あのとき ” の話…! 」

 

マウス :「 あのときにした約束を、ちゃんと守っていれば、 」

 

マウス :「 何事もなく終わっていた話だよね? 」

 

 

マウス :「 そう♬ 」

 

マウス :「 ぼくがここに来てしまっている以上、 」

 

マウス :「 あのときの約束を果たすと言っても納得なんかしやしない。 」

 

マウス :「 君の裏切りとつり合う誠意を見せてもらう必要がある。 」

 

マウス :「 ぼくの言った約束を果たしてもらう、とは、 」

 

マウス :「 ハナからそういう意味だったんだ笑。 」

 

 

マウス :「 わかりづらくて悪かったね。 」

 

 

マウス :「 君からしたら、あのときの約束を果たせば済む、 」

 

マウス :「 と思っていたのかもしれないけど、 」

 

マウス :「 ぼくが君の家に入る前に言っていた、 」

 

マウス :「 約束を果たしてもらう、とは 」

 

マウス :「 どうやら少し認識が違っていたようだ♬ 」

 

マウス :「 誰も “ あのときの約束を果たしてもらう ” なんて、 」

 

マウス :「 言ってないからね。 」

 

マウス :「 ニヤリ 」

 

 

ビトレイアル :「 ・・・・ 」

 

 

マウス :「 君から提案があるなら聞こうか♬ 」

 

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

 

数十分が経過。

 

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

 

マウス :「 なるほど、提案がないってことでいいかな? 」

 

マウス :「 なら、ぼくの提案を聞いてもらいたい。 」

 

 

マウス :「 まず君はぼくから100万円をバックレた。 」

 

マウス :「 何度も連絡を試みたが、応答せず、 」

 

マウス :「 ようやく一度連絡を取ることができた。 」

 

マウス :「 そこで150万円で返済してもらう約束をした。 」

 

マウス :「 それが “ あのときの約束 ” だ。 」

 

マウス :「 そして今回、120万円の返済は終わったが、 」

 

マウス :「 30万円の返済を怠り、再び音信不通になって、 」

 

マウス :「 今に至るわけだ。 」

 

マウス :「 ここまでが過程の話♬ 」

 

 

マウス :「 2度目の裏切りは重い罪だと思わないかい? 」

 

マウス :「 ここで2つの選択肢を与えよう。 」

 

マウス :「 1つ目、 」

 

マウス :「 ぼくにメリットのある “ 情報 ” を永久的に伝え続ける。 」

 

マウス :「 2つ目、 」

 

マウス :「 500万円を払い、和解する。 」

 

マウス :「 君から提案がないから、ぼくから提案させてもらったよ♬ 」

 

マウス :「 さあ、どうする? 」

 

マウス :「 君のこたえを聞こうか笑。 」

 

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

 

ビトレイアル :「 そんなに大金用意できないからなぁ~ 」

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

 

マウス :「 信用のない君が言うことは全て嘘だと断定せざるをえないよ。 」

 

マウス :「 何か主張するなら、全て証拠を持って口にすることだね。 」

 

マウス :「 ないなら、ない、という証拠を見せてごらん。 」

 

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

ビトレイアル :「 定期にほとんど入ってるからなぁ~ 」

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

 

マウス :「 そうかい。 」

 

マウス :「 なら、解約しに行こう。 」

 

マウス :「 そこまで付き添ってあげるよ。 」

 

マウス :「 払うという選択をしたなら、払うまで帰るつもりはない。 」

 

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

ビトレイアル :「 情報って言っても、 」

 

ビトレイアル :「 供給し続けられる自信がないからなぁ~ 」

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

 

マウス :「 ところでビトレイアル君、 」

 

マウス :「 ぼくが何故100万円を渡したのか思い出してごらん? 」

 

マウス :「 君はそれに見合う情報をぼくに渡す、そう言ったから、 」

 

マウス :「 渡したんだ。 」

 

マウス :「 つまり、それに見合う情報を伝えられなかった時点で、 」

 

マウス :「 その話は白紙になる。 」

 

マウス :「 というより、君はそれに見合った情報を伝えられないから、 」

 

マウス :「 ぼくから飛んだんじゃないのかい? 」

 

 

マウス :「 つまりぼくが提案している1つ目の選択肢は、 」

 

マウス :「 最初から無理だと思って提案してるんだ♪ 」

 

 

ビトレイアル :「 ・・・・ 」

 

 

マウス :「 ニヤア… 」

 

 

マウス :「 どうしたのかな? 」

 

マウス :「 返す言葉はあるのかい?笑。 」

 

 

マウス :「 さあ、どっちにする? 」

 

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

 

ツィガロ :「 ブチィ!!!!!!!!!!!!!! 」

 

 

ツィガロ :「 てめェ!! いいからさっさとどっちか選べや、ぶっ殺すぞゴラァァァ…!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 」

 

 

しーん・・

 

 

マウス :「 だそうです笑。 」

 

 

ビトレイアル ( ・・・っ。。 )

 

※ 目を充血させ完全に体が動かない状態でフリーズ

 

世にも珍しい瞬間植物です。

 

 

ビトレイアル :「 は、はい… 」

 

 

マウス :「 どうやら、ぼくは待てても、彼は待てないようだね。 」

 

マウス :「 早く決めたほうがいいんじゃないのかい? 」

 

マウス :「 この後に及んで無駄な遅延は逆効果だと思うが? 」

 

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

ビトレイアル :「 ん~~~っ 」

 

 

ツィガロ :「 一旦車に戻る 」

 

 

マウス :「 そうかい。 」

 

マウス :「 気が向いたらまた来てくれたまえ。 」

 

マウス :「 ノックをすれば入れるようにしよう。 」

 

 

ガチャン! ( 扉を閉める音 )

 

 

マウス :「 良かったね、これで2人きりになれる。 」

 

マウス :「 このほうが少し落ち着くかな? 」

 

 

ビトレイアル :「 あんなのがいると、トイレにも行けないよぉ。 」

 

 

マウス :「 ん? 」

 

マウス :「 ビトレイアル君、携帯の位置がずれているね。 」

 

 

ビトレイアル :「 !!? 」

 

 

マウス :「 誰に連絡をしたのかな? 」

 

 

ビトレイアル :「 ・・・ 」

 

 

マウス :「 フフッ… まあいい。 」

 

 

マウス ・・・( ぼくの目的は、与えた選択肢2つじゃあない。 )

 

マウス ・・・( 最初から、 )

 

マウス ・・・( こいつには選ぶことができない選択肢だからだ。 )

 

マウス ・・・( 500万、こいつの財力ではおそらく無理だろう。 )

 

マウス ・・・( 100万で逃げる男に500万を払う能力はないと言ってもいい。 )

 

マウス ・・・( 情報も同じだ。情報がないから、 )

 

マウス ・・・( 現にぼくから飛んでいるというフシがある。 )

 

マウス ・・・( ただただ、ぼくはこいつと遊びたいんだ♬ )

 

マウス ・・・( 楽しむこと。 それがメインだからね。 )

 

マウス ・・・( 底知れない恐怖に怯えて震えてろ。 )

 

マウス ・・・( どうせ終いには30万なら払うから許してくれぇー )

 

マウス ・・・( とかって自分から言ってくると思うしね笑。 )

 

マウス ・・・( そうなれば完全にぼくが屈服させたことになる。 )

 

マウス ・・・( それでいいんだ♩ )

 

マウス ・・・( ないところからは奪えないだろ? )

 

マウス ・・・( だから奪えるものを奪うのさ笑。 )

 

 

約40分後ー

 

ツィガロからの着信。

 

 

マウス :「 はい。 」

 

 

ツィガロ :「 機動隊と刑事がきた! ほんじゃっ! 」

 

 

ビトレイアル :「 何だって? 」

 

ビトレイアル :「 今の電話何だって? 」

 

 

マウス :「 強がるなよ。 」

 

マウス :「 強がったところで意味なんかありやしない。 」

 

マウス :「 だから素人は困るんだ。 」

 

 

マウス ・・・( 滑稽だねぇー笑。 )

 

マウス ・・・( 警察呼んで勝てるなら誰でも呼ぶだろーがw )

 

 

ビトレイアル :「 親にメールを送っただけだよ! 」

 

ビトレイアル :「 数百万単位で金を巻き上げられそうになってる、 」

 

ビトレイアル :「 内容はそれだけだ! 」

 

 

マウス :「 それは面白いね。 」

 

 

ビトレイアルの家の扉ー

 

コンコン! 

 

 

警官 :「 警察でーす! 」

 

警官 :「 どうかされましたかー? 」

 

警官 :「 もしもーし? 」

 

 

マウス :「 ビトレイアル君、1つ助言をしておこうか。 」

 

マウス :「 君のためにね。 」

 

マウス :「 一応この流れはぼくも面倒だしね。 」

 

マウス :「 まず警察に事情を説明して不利になるのは君のほう。 」

 

マウス :「 ぼくは何も不利にならない。 」

 

マウス :「 何故ならぼくは君に何もしてないからね。 」

 

マウス :「 何を言っても構わないが、民事不介入、警察は関与できないよ。 」

 

マウス :「 それに何の証拠も出てきやしない。 」

 

マウス :「 それにたいして、 」

 

マウス :「 君はぼくから100万円バックレてるという事実がある。 」

 

マウス :「 事情を話すにも、まずこれを話す必要が出てくるわけだ。 」

 

マウス :「 わかるかな? 」

 

マウス :「 もしかしたら… 」

 

マウス :「 “ 君の詐欺が立証されてしまうかもしれないんだよ ” 」

 

マウス :「 ニヤア… 」

 

 

ビトレイアル :「 じゃっ、じゃぁーどうしろってんだ! 」

 

ビトレイアル :「 もー来ちゃってるんだよぉ~! 」

 

 

マウス :「 君が呼んだんじゃないか笑。 」

 

 

マウス :「 じゃあもう1つ、無能な君に助言をしてあげよう♪ 」

 

マウス :「 何も起きていない。 」

 

マウス :「 口喧嘩はしたが、もう喧嘩はしていない。 」

 

マウス :「 口喧嘩のときに金を払えというワードが出たから、 」

 

マウス :「 とっさに親にメールをした。 」

 

マウス :「 そう伝えれば奴らは帰る。 」

 

 

ビトレイアル :「 ん~~っ 」

 

ビトレイアル :「 そうするしかないかぁ。。 」

 

 

マウス ・・・( マヌケが笑。 )

 

マウス ・・・( これは罠。 )

 

マウス ・・・( 残念ながらぼくは本当の事情を話すよ。 )

 

マウス ・・・( ビトレイアルが本当の事情を話さず、 )

 

マウス ・・・( ぼくが本当の事情を話せばどう思う? )

 

マウス ・・・( 警察はビトレイアルに良い視線は向けないはずだ。 )

 

マウス ・・・( というより、ビトレイアルにとって、 )

 

マウス ・・・( 都合が悪いから本当の事情を話さない、 )

 

マウス ・・・( そう思わせることができる。 )

 

マウス ・・・( ちょっとしたドッキリさ♬ ) 

 

 

 

ビトレイアルが扉を開け、刑事が入ってくる。

 

ビトレイアルと話すのは警官、

 

マウスと話すのは刑事だ。

 

ビトレイアルは助言した通りのことを警官に説明する一方、

 

マウスは事実を語り出す。

 

しかしこの際、警察からして重要なのは、

 

実害が出ているかどうかのみで、

 

立てこもり事件や、暴力、殺人を想定して、

 

機動隊、警官、刑事を引き連れて数十人でかけつけてきている。

 

実害がないと判断すれば軽く事情だけ聞き、

 

即撤退するという流れである。

 

一方、ツィガロは機動隊の連中を相手に世間話を車の近くでしてるようだ。

 

ツィガロの笑い声が、家の中にも聞こえてくる。

 

夜中の2時頃に迷惑な話だ。

 

ビトレイアルの説明とマウスの説明が大幅に異なることから、

 

警察はやや混乱したが、どちらかといえば、

 

警察からしてみると、どうでもよい話であるため、深く介入することはなく、

 

彼ら警察一同は撤退する流れとなった。

 

 

 

マウス :「 いや~! 今日はほんとっ! 寒いですよねぇ~! 」

 

 

警官 :「 そーですねぇ! 防寒の服着てないと駄目ですよぉ~! 」

 

 

マウス :「 ハッハッハッハッハッハッハwwwww 」

 

 

マウス :「 自分で言うのもあれですけどね! 」

 

マウス :「 見た目が怪しいから、すぐ何かないかって、 」

 

マウス :「 疑われちゃうんですよねぇ~! 」

 

マウス :「 今回もそんな感じでしょ? 初見は~!w 」

 

 

警官 :「 見た目で損するところもあるのかなw うん!w 」

 

 

マウス :「 いやそこ言っちゃう?wwww 」

 

 

 

ビトレイアル :「 ・・・・・ 」

 

 

 

一方ツィガロサイドー

 

 

ツィガロ :「 や~ってないって! まーじで! 薬やってないよぉ~! 」

 

ツィガロ :「 ハッハッハッハッハッハッハwwwwwww 」

 

ツィガロ :「 刃物? 持ってないよぉ~! そんなのぉ~! 」

 

ツィガロ :「 自慢じゃないですけどぉ~! ぼくぅ~! 」

 

ツィガロ :「 アキバとか行っちゃうと毎回職質されちゃいます!w 」

 

 

機動隊 :「 ですよねw 」

 

 

ツィガロ :「 ですよねじゃないでしょ! まじで! 」

 

ツィガロ :「 いや、ですよねじゃないでしょ! まじでw 」

 

 

 

ビトレイアル :「 ・・・・ 」

 

 

 

マウス ・・・( コミュ症ってーのはこういうところでも損するんだな笑。 )

 

マウス ・・・( 余計おまえが怪しく見えるぞ。 )

 

マウス ・・・( 偽りを警察に述べ、 )

 

マウス ・・・( 何も語らずに沈黙。 )

 

マウス ・・・( 実に愉快な奴だ。 )

 

マウス ・・・( まーそう仕組んだのはオレだが?笑。 )

 

 

 

ビトレイアル :「 ふ、普通に事情説明したのかよぉ~! 」

 

ビトレイアル :「 最初と言ってること違うじゃん! 」

 

ビトレイアル :「 まーいいけど。。 」

 

 

マウス :「 もしかして焦った? 」

 

 

ビトレイアル :「 そりゃ、、まあ、、 」

 

 

マウス :「 そういうところは正直なんだね♪ 」

 

マウス :「 えらい! 」

 

マウス :「 ちょっとビビってほしかっただけだよ。 」

 

マウス :「 ニッコリ 」

 

 

ビトレイアル :「 ・・・ 」

 

 

 

刑事 :「 ビトレイアルさんの母親と妹が来てるようで。 」

 

 

そのままビトレイアルとその母親が刑事らと話をし、

 

ツィガロ曰く、ビトレイアルとその母親は、

 

深々と刑事らに頭を下げ、謝罪をしたという。

 

一言で言うと?

 

ざまあーーーーーーーwwwwwwwwwwwwww

 

その後、刑事ら、警察1人残らず撤収して終了w

 

しかも何が面白いかと言うと、

 

親にチクったこいつ、ぼくより5つ以上年上な上に、

 

25歳超えなところww

 

からの~?

 

第2ラウンドはじまっちゃいま!

 

ま?

 

ま!

 

(キモヲタ障害語)

 

 

ビトレイアルとマウス、ツィガロの三人が再び、

 

ビトレイアル宅へ。

 

 

マウス :「 警察諸共帰ったところで、 」

 

マウス :「 どうしましょう? 」

 

マウス :「 ビトレイアル君! 」

 

マウス :「 何も状況は変わらないんだが?笑。 」

 

 

ビトレイアル :「 ・・・ 」

 

 

マウス :「 太刀打ち不可能って感じかな? 」

 

マウス :「 まあ、ぼくもそんなに鬼じゃあない。 」

 

マウス :「 今日は帰ってあげるよ。 」

 

マウス :「 十分楽しめたしね♪ 」

 

マウス :「 ぼくを刺激するとどうなるか、 」

 

マウス :「 体験入学できたわけだし。 」

 

マウス :「 WIN WIN だよね? 」

 

 

ビトレイアル :「 ・・・・ 」

 

 

 

ビトレイアルは妙な顔つきでこちらを見る。

 

ここまでしてきて、今日は帰る。とは何事か、

 

理解に苦しんでいるのだろう。

 

このままマウスとツィガロを帰せば、

 

必ずもっととんでもない仕打ちをされる、

 

そういうとてつもない恐怖しか残らないからである。

 

 

 

マウス :「 妙な顔つきで、どうしたのかな? 」

 

マウス :「 構ってほしいのなら、言わなきゃ伝わらないじゃないか。 」

 

 

ビトレイアル :「 このままで絶対終わらないでしょ! 」

 

 

マウス :「 さあ♬ 」

 

 

ビトレイアル :「 残りの30万払えば、もう何もしない? 」

 

ビトレイアル :「 それで完全に終わるなら、 」

 

ビトレイアル :「 今すぐにネットから振り込む。 」

 

 

マウス :「 フン笑。 」

 

マウス :「 いいだろう。 」

 

マウス :「 ちゃんと払えば何もしない。 」

 

マウス :「 それで完全に終わりにしてやるよ。 」

 

 

ビトレイアル :「 ほんとうに? 」

 

 

マウス :「 ああ。 」

 

マウス :「 オレが約束事を破ったことがあるか? 」

 

マウス :「 今まででよ。 」

 

マウス :「 あー。今日の警察共のふれ合いは抜きにしろよ笑。 」

 

マウス :「 それ以外じゃ一度も、オレから裏切ったことはないはずだ。 」

 

 

ビトレイアル :「 ・・・・ 」

 

 

ビトレイアル :「 振り込みました。 」

 

 

マウス :「 どれ? 」

 

マウス :「 確かに。 」

 

マウス :「 確認できた。 」

 

 

マウス :「 じゃあ帰るぞ。 」

 

 

ビトレイアル :「 待って! 」

 

ビトレイアル :「 ほんとうにこれで終わりなんだよね? 」

 

 

マウス :「 同じことを何度も言わせるな。 」

 

 

ビトレイアル :「 ・・・ 」

 

 

 

マウスとツィガロはビトレイアル宅から出て、

 

レンタカーに乗り込む。

 

レンタカーの正面にはビトレイアルの母親と妹の乗る車がいる。

 

 

 

マウス :「 あのバカ親、いつまで待ってやがんだ? 」

 

マウス :「 アホか? 」

 

マウス :「 警察が無理なら自分たちで見張るしかないってか? 」

 

マウス :「 笑わせてくれるw 」

 

 

ブゥーン! ( 車のエンジン音 )

 

 

ツィガロ :「 ちゅっぱちゅちんこーう! 」

 

 

ツィガロとマウスは、

 

ビトレイアルの母親と妹を、

 

激しく睨みつけながら・・

 

 

ブゥゥ――――――――っん!!!!

 

 

ツィガロ :「 はい、この車吹っ飛ばすぞウェーーーイwwwwwwww 」

 

 

ビトレイアルの母親の車をスレスレで横切り、

 

その場から立ち去る。

 

 

ビトレイアルの母親は驚き、

 

ビトレイアルの妹は顔を伏せた。

 

 

ツィガロ :「 とんだカス野郎だったなww 」

 

ツィガロ :「 コミュ症、引きこもりニート、キモヲタの三点セット! 」

 

 

ツィガロ :「 んーーーーーーーーっ。 」

 

 

マウス :「 最後のビトレイアルのマネかよw 」

 

 

ツィガロ :「 んーーーーーーーーっ。 」

 

 

マウス :「 新しいネタか?笑。 」

 

 

 

 

 

次回はですねぇ~!

 

そーですねぇ~!

 

キモデブカビゴンに世界大会の賞品カードを

 

売、り、つ、け、ま、す!

 

そ、し、て

 

し、た、ど、り、し、ま、す!

 

はいアド~!

 

 

次回!! 第10話 「オブジェ笑」

 

デュエル☆スタンガン!!

 

 

この物語はフィクションであり、

 

実在の人物・団体とは一切関係ありません(笑)

第8話 「摘発♬」

 

f:id:Maus-Bellator:20161121050526p:plain

 

 

ナンバーツー(裏スロ)店内ー

 

 

ライ :「 あのさ、あのさ、あのさっ! 」

 

ライ :「 逃走馬って奴うざくね? 」

 

 

マウス :「 ? 」

 

 

ライ :「 何かわけのわからないことツイートしててさ、 」

 

 

マウス :「 どうします? 」

 

 

ライ :「 直接行ってさらっちゃおうよ! 」

 

 

マウス :「 本当にやる気があるのならw 」

 

 

ライ :「 発売前の商品を売ってるって書いてるけどさ、コイツ! 」

 

ライ :「 うち、世界大会の先行販売分しか売ってないからね! 」

 

 

マウス :「 確証のないことをツイートして店の営業妨害。 」

 

マウス :「 出方次第ですかね。 」

 

マウス :「 というより既に逃走馬ってやつの居場所をツリッターで募集。 」

 

マウス :「 割と拡散されてますね。 」

 

 

ライ :「 うそ!? 」

 

 

マウス :「 見てみればわかりますよ 」

 

マウス :「 ここまでは勝手にやりましたが、 」

 

マウス :「 この先どうするかはお任せするほかありません… 」

 

マウス :「 これはボクとは直接関係のない話ですから… 」

 

 

マウス :「 ところでツィガロさん。 」

 

 

ツィガロ :「 ? 」

 

 

マウス :「 ここ(この店)、台やレイアウトに変わりないけど、 」

 

マウス :「 人(店員)が変わってるんじゃない? 」

 

マウス :「 前いた店長みたいな人、何処行ったのよ? 」

 

 

ツィガロ :「 そもそも店の名前変わってるよ! 」

 

 

マウス :「 というと? 」

 

 

ツィガロ :「 以前は「ゼロ」、前いた店長のときの店の名前! 」

 

ツィガロ :「 今は「ナンバーツー」、店長も店員も変わったんだよ! 」

 

ツィガロ :「 あまり大声では言えないんだけどさ、 」

 

ツィガロ :「 前いた店長、首つったらしいよォ。 」

 

 

マウス :「 嘘だろ笑。 」

 

マウス :「 全然首つりそうな雰囲気なかったぞ。 」

 

 

ツィガロ :「 例えばさ… 」

 

ツィガロ :「 “ 上 ” に今月500万円売り上げろって、」

 

ツィガロ :「 言われてたとするじゃん? 」

 

ツィガロ :「 それでさ… 」

 

ツィガロ :「 200万円しか売り上げてなかったらしくてさ… 」

 

ツィガロ :「 多分このままだと上に詰められるじゃん? 」

 

ツィガロ :「 詰められるっていう意味も、 」

 

ツィガロ :「 我々の想像を上回ると思うんだけど… 」

 

ツィガロ :「 それでさ… 」

 

ツィガロ :「 売上の200万円を、 」

 

ツィガロ :「 何とか500万円に増やそうとしたみたいでさ、 」

 

ツィガロ :「 パワーアップ(インカジ)に来て… 」

 

ツィガロ :「 全部溶かしたらしいよ… 」

 

ツィガロ :「 責任っていうか、“ 落とし前 ” だよね。 」

 

 

マウス :「 パワーアップ(インカジ)で200万溶かしたのは事実なの? 」

 

 

ツィガロ :「 そーだよ! 」

 

 

マウス :「 そーだよ!って軽いなおいw 」

 

 

ツィガロ :「 パワーアップ(インカジ)の店員から聞いた。 」

 

 

マウス :「 なるほど。 なかなか闇深いべぇー! 」

 

マウス :「 そこらのヲタクや、 」

 

マウス :「 カードプレイヤーが言うようなレベルの、 」

 

マウス :「 闇が深いってレベルじゃないなw 」

 

 

 

 

 

   ー 第8話 「摘発♬」 ー

 

 

 

 

 

パワーアップ(インカジ)店内ー

 

 

バコン!!

 

 

マウス :「 何なんだよマジでよーっ!! 」

 

マウス :「 どんだけ外れんだよこのヤロー!!! 」

 

バコン!!

 

インカジの店員 :「 マウスさーん! 」

 

インカジの店員 :「 マウスさーん? 」

 

 

マウス :「 んだよっ!? 」

 

 

インカジの店員 :「 モニター破壊するのやめてもらっていいですか? 」

 

 

ツィガロ :「 アッヒッヒッヒッヒwwwwwww 」

 

 

マウス :「 いいけどさ、10分で50万溶けるってどーいうことだよ? 」

 

マウス :「 しかもこれ、“ ノマレタ ” よね? 」

 

マウス :「 サーバーの不具合かどーかしらねーけどよ! 」

 

マウス :「 10万単位でノマレルのはおかしーだろ! 」

 

マウス :「 しかも連続でよォ! 」

 

 

ツィガロ :「 じゃーやんなよwwwwwwwwwwwwwwwww 」

 

 

マウス :「 うっせー黙ってろよっ!てめー! 」

 

 

ツィガロ :「 アッヒッヒッヒッヒwwwwwww 」

 

 

マウス :「 あーうぜーなマジでよー! 」

 

マウス :「 トータルでいくら負けってっと思ってんだよ!! 」

 

 

ツィガロ :「 君さー、たいしてアイスココアの奴と変わんねーなww 」

 

 

マウス :「 ちゃんとやって負けてるのと違うだろーがアホ! 」

 

マウス :「 ノマレルのは理不尽だろ! 」

 

マウス :「 やかましいわ!!! 黙っとれ!! 犯罪者が! 」

 

 

※ ノマレルとは、勝ち負けに関わらず、賭けたマネーが消えること。

 

インターネットのカジノは、サーバーの不具合?らしい影響により、

 

しばしこのような現象がおき、プレーヤー(客)は搾取される。

 

しかし、数時間後に賭けたマネーが戻ってくることもある。

 

 

ツィガロ :「 アッヒッヒッヒッヒwwwww 」

 

ツィガロ :「 あ、あの~、この店入ってタコ負けしてる挙句ぅ~、 」

 

ツィガロ :「 奇声あげてる賢者に言われたくないんですけどw 」

 

ツィガロ :「 早くタコ負けライス(タコライス)でも食ってろよwww 」

 

 

ピーンポーン! (呼び出し音)

 

 

マウス :「 50万追加で 」

 

 

インカジの店員 :「 いち、にい、さんし~! 」

 

インカジの店員 :「 はい! 」

 

インカジの店員 :「 5000ポイント~! 」

 

 

ツィガロ :「 まだやんのかよwwwwwwwwwwww 」

 

 

マウス :「 やるしかねえ!!!! 」

 

 

ツィガロ :「 アッヒッヒッヒッヒwwwwwwwww 」

 

 

マウス :「 見てろよ? ツィガロ? 」

 

マウス :「 バカラのゲーム、2つ同時展開で、20万ずつ賭ける! 」

 

マウス :「 勝敗が決まるまでの間、オレはトイレに行ってくる! 」

 

マウス :「 トイレの神様に勝ちをゆだねるってわけさ! 」

 

マウス :「 トイレから戻ってきたときにゃ~、賭けた40万が、 」

 

マウス :「 80万になってるわけだ!! 」

 

マウス :「 そしたらノマレタ50万のうち、40万は回収できるだろ? 」

 

 

カチャ! カチャ! (クリック音)

 

 

マウス :「 これでよし! 」

 

 

ツィガロ :「 ・・・・ 」

 

 

 

約1分後ー

 

 

マウス :「 ふーっ! どうだ? 勝ってるだろ? 」

 

 

ツィガロ :「 アッヒッヒッヒッヒッヒwwwwwwwwwwwww 」

 

 

マウス :「 あ? 」

 

マウス :「 あぁーーーーーーっ!!? 」

 

 

ツィガロ :「 アヒッヒッヒッヒッヒwwwwwwwwwwwwww 」

 

 

マウス :「 はぁあああ!!? 」

 

マウス :「 なんで両方とも死んでんだよ! ざけんじゃねーよ! 」

 

マウス :「 もーキャッシャー10万しかねーじゃねーかよ! 」

 

マウス :「 はー? ありえねーだろ!! 」

 

マウス :「 90万も負けたの?? 」

 

 

インカジの店員 :「 おまたせしました~! 」

 

インカジの店員 :「 タコライスになりま~す!! 」

 

 

ツィガロ :「 ヒッヒッヒッヒッヒwwwwwwwwwwwwww 」

 

 

マウス :「 ・・ 」

 

 

マウス :「 すいませーん! 」

 

 

インカジの店員 :「 はい! 」

 

 

マウス :「 アウトで! 」

 

 

インカジの店員 :「 残りの10万円でよろしいですか? 」

 

 

マウス :「 人生アウト!!!! 」

 

 

ツィガロ :「 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 」

 

 

 

裏スロ&インカジ トータルの勝ち負け

 

 

ライ☆ビッグ -2000万円超え

 

ジョーコ☆ディペンダンス -500万円超え

 

マウス☆ベラトール -340万円超え

 

ツィガロ☆メディカモン +数十万円

 

 

 

マウス :「 聞いたけど、こんだけやられて、 」

 

マウス :「 マイナス王にもなれねーのかよ! 」

 

 

ツィガロ :「 そーだね! 」

 

 

マウス :「 さすがに1日で200万負けたときは、 」

 

マウス :「 植物人間になったよね! 」

 

マウス :「 モニターを見ながら、フリーズだよ、フリーズ! 」

 

マウス :「 口を開けたまま動かないからね! 」

 

 

ツィガロ :「 アッヒッヒッヒッヒッヒwwwwwwwwww 」

 

 

マウス :「 ただで笑いやがってよ、体張ってんだから金払えよ! 」

 

マウス :「 この店まじで、人のこと侍よばわりするは、 」

 

マウス :「 リアルマネー、ブラックホールされるは、 」

 

マウス :「 オレは見せ物じゃねーんだよ! 」

 

 

ツィガロ :「 アッヒッヒッヒッヒッヒwww (いや、見せ物だから!) 」

 

 

マウス :「 って、さりげなくあんたプラスじゃねーかよおい! 」

 

 

ツィガロ :「 あの~! 君たちみたいに~、 」

 

ツィガロ :「 バカみたいにタコ負けしないから! ドヤ! 」

 

 

マウス :「 エアガンの借り今返すぞ? 」

 

マウス :「 3億倍返しだよ! 3億倍返し! 」

 

 

ツィガロ :「 いや、それはきついっすwwwwwwwwwwwww 」

 

 

 

場面変わりー

 

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 おぉおおおい!!!!! 」

 

 

ツィガロ :「?」

 

ジョーコ :「?」

 

マウス :「?」

 

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 君たちでしょ~?? 」

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 うちのエレベーターんところに、 」

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 ボンド貼っつけたのォ~! 」

 

 

ツィガロ :「 ボクじゃないんですけど… 」

 

ジョーコ :「 知りませんけど。 」

 

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 そんなんやるの君たちしか、 」

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 いないでしょ~? 」

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 ビービー弾飛ばしてきたりさァ~! 」

 

 

ツィガロ :「 ヒッヒッヒッヒッヒwwwwwwwwwwww 」

 

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 笑いごとじゃねーからなァ!! 」

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 知らないよォ~?? 」

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 キャッチの人探してたよ~??? 」

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 エレベーターのボタン押したら、 」

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 手にボンドくっついたっつって、 」

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 えらい怒ってたからね? 」

 

裏スロ(マーブル)の店長 :「 あと扉の前に油まかないでね! 」

 

 

 

回想・・・

 

 

マウス :「 そういや、設定8詐欺されてキレてたとき、 」

 

マウス :「 台バンバン叩いてたじゃないですかw 」

 

マウス :「 あのあと、マーブルの店員が、 」

 

マウス :「 “ 器が小さい ” って言ってましたよww 」

 

 

ライ :「 !? 」

 

ライ :「 ・・・・・・・・・・・ 」

 

ライ :「 ムカつくな。 」

 

ライ :「 マジでこの店燃やそうかな、」

 

ライ :「 うーん、どうしよ。 」

 

 

 

セブンイレブン

 

 

ライ :「 ムカついたから、ボンド買うよボンド! 」

 

ライ :「 油も買う? 燃やそうよ! 」

 

ライ :「 実際にはやらないって思うじゃん? 」

 

ライ :「 やるよ! 」

 

ライ :「 もう一度言うよ? 」

 

ライ :「 やるよ! 」

 

 

裏スロ(マーブル)のある階は3階、

 

エレベーターの3階のボタンだけボンドの刑!

 

 

 

裏スロ(マーブル)のあるエレベーターにて ー

 

 

ライ :「 ボンド塗りつけるのはいいんだけどさ、 」

 

ライ :「 いいんだけど~、 」

 

ライ :「 いつ固まるの? 」

 

 

マウス :「 知らねーよwwwwwwwwwwwwwwwwww 」

 

 

ライ :「 これさ、固まったら3階押せなくなるぜ? 」

 

ライ :「 もっと塗るよ! もっと! 」

 

ライ :「 オラオラオラオラ! 」

 

 

 

裏スロ(マーブル)の扉ー

 

 

プシュ―! ( 油のスプレーを撒く音 )

 

 

ライ :「 ツィガロがライター持ってるよね? 」

 

ライ :「 ライター持ってきてよ! 」

 

 

マウス :「 さすがに油で勘弁してあげましょうよ。 」

 

マウス :「 まじで燃やしたら面倒事になりますよw 」

 

 

ライ :「 ・・・・ 」

 

 

プシュー!! プシュー!!

 

 

ライ :「 これでいいや! 」

 

 

回想終わり。

 

 

 

ツィガロ :「 マウスがライビッグそそのかしたせいで、 」

 

ツィガロ :「 オレたちが怒られたんですけどー!!! 」

 

 

マウス :「 やったのはライビッグだろwwwwww 」

 

 

ツィガロ :「 ほんと、サイテーだよ! 」

 

 

マウス :「 あそこまでやるとは思わねーだろ普通! 」

 

 

ツィガロ :「 ライビッグはまじでやるからぁ~! 」

 

 

マウス :「 そんなことより、早くこの店摘発されないかなw 」

 

 

 

 

約1年後ー

 

裏スロ(マーブル)

 

f:id:Maus-Bellator:20161121050526p:plain

 

 

さらにこの摘発より、半年以上さかのぼりー

 

裏スロ(ナンバーツー)

 

f:id:Maus-Bellator:20161121050548p:plain

 

 

マウス :「 ハッハッハッハッハッハッハッハッハッハwwwww 」

 

マウス :「 ヤフーニュースに載ったって何の自慢だよあんたwwwww 」

 

 

ツィガロ :「 ふぅ~!!!!! 」

 

 

マウス :「 しかも、彼女とセットで逮捕されたんだって?wwww 」

 

 

ツィガロ :「 ふぅ~!!!!! 」

 

 

 

回想 ・・・

 

 

裏スロ(ナンバーツー)店内ー

 

 

ゾロゾロ・・

 

警官 :「 はーい、全員動かないでね~! 」

 

警官 :「 動かない! 動かないよ! 」

 

 

ツィガロ :「 ・・・ 」

 

 

赤髪の女(ツィガロの女) :「 な~にぃ~? 」

 

赤髪の女(ツィガロの女) :「 まだ北斗の拳、途中なんだけど? 」

 

 

カチャ! (手錠をはめる音)

 

 

警官 :「 はい、22時14分、賭博容疑の現行犯で逮捕! 」

 

 

 

警察署ー

 

 

警官 :「 はい、じゃあ今から写真撮るから、 」

 

警官 :「 まずは正面向いてねー! 」

 

 

赤髪の女(ツィガロの女) :「 私グラビアとかやってたから、 」

 

赤髪の女(ツィガロの女) :「 そーゆーの得意なの♪ 」

 

 

警官 :「 ・・ 」

 

 

ツィガロ :「 ヒッヒッヒッヒッヒッヒwwwwwww 」

 

 

回想終わり。

 

 

 

マウス :「 ハッハッハッハッハッハッハッハッハwwwww 」

 

マウス :「 あの賢者みたいな女、どこだろうとおかまいなしかww 」

 

 

ツィガロ :「 ふぅ~!! 」

 

 

マウス :「 ところであんた客だからすぐ解放されたんだろうけど、 」

 

マウス :「 立派な犯罪者になっちまったな!! 」

 

マウス :「 捕まらなきゃ犯罪者じゃねーのによ! 」

 

マウス :「 おい! 犯罪者! 」

 

マウス :「 ハッハッハッハッハッハッハ!!!! 」

 

 

ツィガロ :「 何がやばいかって言うとさ… 」

 

ツィガロ :「 よく裏スロに来てた常連客なんだけどさ… 」

 

ツィガロ :「 めっちゃ金髪で耳にピアスつけてる奴! 」

 

 

マウス :「 あー! あいつか! オレも見覚えあるぞw 」

 

 

ツィガロ :「 そいつが警官だったんだよ!!! 」

 

 

マウス :「 おやおやwww 」

 

マウス :「 見た目がどー見てもゴロツキだろーが、 」

 

マウス :「 警官は何処にでも、成りきって潜んでるってわけか! 」

 

マウス :「 そいうことなら、見た目だけじゃ何者か判断できねーな! 」

 

 

マウス :「 しばらくは客のフリをしていて、 」

 

マウス :「 決められた摘発の日に、 」

 

マウス :「 今まで通り客を装って店のインターホンを押す。 」

 

マウス :「 扉が開いた瞬間に、 」

 

マウス :「 防犯カメラの死角に隠れていた大量の警官が突入!! 」

 

マウス :「 ってわけか。 」

 

マウス :「 そりゃヤラレルな笑。 」

 

 

ツィガロ :「 池袋とかでスケボーで遊んでるゴロツキの中にも、 」

 

ツィガロ :「 警官が紛れてるらしいよ! 」

 

 

マウス :「 そういや、 」

 

マウス :「 裏スロ(ナンバーツー)の店長とは仲が良かっただろ? 」

 

マウス :「 パズドラかなんか、一緒にやってなかったか? 」

 

 

ツィガロ :「 店長のアカウントはぁ~、、 」

 

ツィガロ :「 消えてますっ! ( キリっ! ) 」

 

ツィガロ :「 オリンピック過ぎても出てこれないから、 」

 

ツィガロ :「 多分自分で消したんだと思うよ… 」

 

ツィガロ :「 店員側は罪が重いからね… 」

 

 

マウス :「 それにしても、早い摘発だったなw 」

 

マウス :「 ゼロから、ナンバーツーに変わって、 」

 

マウス :「 たったの約1ヵ月だぞ。 」

 

 

ツィガロ :「 ほんとそれ! 」

 

 

マウス :「 ここで気になることが浮かんだんだが、 」

 

マウス :「 どうして、インカジ(パワーアップ)は、 」

 

マウス :「 2年以上経ってる今も摘発されてないんだ? 」

 

マウス :「 摘発される店は、すぐにでも摘発されてるだろ? 」

 

マウス :「 ならどうして摘発されない店は、 」

 

マウス :「 摘発されないままずっと存在できているのか。 」

 

 

ツィガロ :「 うん! それはね! 」

 

ツィガロ :「 警察に金を払ってるか、払ってないかの差だね! 」

 

ツィガロ :「 うん! 」

 

ツィガロ :「 ナンバーツーみたいな金のない店は、 」

 

ツィガロ :「 警察に金を払えない、 」

 

ツィガロ :「 でもパワーアップみたいに金のある店は、 」

 

ツィガロ :「 警察に金を払える! 」

 

ツィガロ :「 うん! 」

 

 

マウス :「 具体的に述べよ! 」

 

 

ツィガロ :「 地位の高い警官が、あるとき定年退職します! 」

 

ツィガロ :「 現役時代には数多のヤクザを相手にしています! 」

 

ツィガロ :「 定年退職した警官は、引退と変わりありません! 」

 

ツィガロ :「 ある程度相手にし続けていればヤクザとも縁が生まれています! 」

 

ツィガロ :「 そんな中、ヤクザがこんな話を提案します! 」

 

ツィガロ :「 毎月金を払う! 署にいる昇格した元部下に連絡を取り、 」

 

ツィガロ :「 摘発スケジュールを聞き出して、 」

 

ツィガロ :「 私にそれを教えてほしい! 」

 

 

ツィガロ :「 必ず何月何日と予め決めてからじゃないと、 」

 

ツィガロ :「 摘発というものはできません! 」

 

ツィガロ :「 だから摘発スケジュールさえ、事前に知ることさえできれば、 」

 

ツィガロ :「 仮に自分たちが経営している裏スロが摘発の対象で、 」

 

ツィガロ :「 日付が確定していても、その日付だけ店を閉めれば、 」

 

ツィガロ :「 摘発から逃れることができます! 」

 

ツィガロ :「 以下ループで実質、摘発されません!! 」

 

 

ツィガロ :「 でも東京都にはいくつもの警察署が存在します! 」

 

ツィガロ :「 1つの警察署だけの摘発スケジュールを把握できても、 」

 

ツィガロ :「 他の警察署の摘発スケジュールを把握することができないと、 」

 

ツィガロ :「 あまり意味がありません! 」

 

ツィガロ :「 このままだと、 」

 

ツィガロ :「 他の警察署が摘発しようともし動いたら、 」

 

ツィガロ :「 摘発の危険度がかなり高くなってしまいます! 」

 

ツィガロ :「 ここで金の問題! 」

 

ツィガロ :「 金のない店は、近くにある警察署にしか金を払えない! 」

 

ツィガロ :「 だから、近くの警察署の摘発スケジュールは把握できても、 」

 

ツィガロ :「 それ以外の警察署の摘発スケジュールを把握できないので、 」

 

ツィガロ :「 時間の問題で摘発されます! 」

 

ツィガロ :「 しかし、パワーアップ(インカジ)のように、 」

 

ツィガロ :「 金のある店は、数多の警察署に金を払い、 」

 

ツィガロ :「 東京都の正確な摘発スケジュールを把握することができます! 」

 

ツィガロ :「 よって摘発を免れ続けることができています! 」

 

 

ツィガロ :「 そしてここからがもっとブラックな話! 」

 

ツィガロ :「 仮に摘発されたとしても、経営者(暴力団)は捕まらない! 」

 

ツィガロ :「 店長も、店員も全員ただの雇われ人! 」

 

ツィガロ :「 だから何件摘発されようが、代わりになる人さえいれば、 」

 

ツィガロ :「 いくらでも補充はきく! 」

 

ツィガロ :「 こうして店は、名前や場所を変えて再生し続けるんだ! 」

 

ツィガロ :「 これが実態! 」

 

 

マウス :「 やけに詳しいところは突っ込まないが、 」

 

マウス :「 これが1つの暴力団のビジネスってわけか。 」

 

マウス :「 面白いことを聞けたな! 」

 

マウス :「 エアガンの借りはしばらく延期しといてやるよ!笑。 」

 

 

ツィガロ :「 アッヒッヒッヒッヒッヒwwwwwww 」

 

 

 

 

は~い、次回は裏切り者を制裁しちゃうよ!

 

引きこもりニートの顔面フリーズに注目ぅ~!

 

って顔面フリーズの画像ないから無理やったw

 

あちゃ~!

 

ったく刑事まで呼んできやがってよー!

 

いいから金払えよwwww

 

 

次回!! 第9話 「お仕置き♪」

 

デュエル☆スタンガン!!

 

 

この物語はフィクションであり、

 

実在の人物・団体とは一切関係ありません(笑)

第7話 「おはよう日本!」

 

f:id:Maus-Bellator:20161102233527j:plain

 

 

とある自動販売機の前 ー

 

 

マウス :「 ・・・・・・・・・・・・・ 」
 
 
マウス ・・・( 遅いな・・ )
 
マウス ・・・( 真夏の外で長時間の待機はさすがにしんどいか… )
 
マウス ・・・( 夜の自販機のライトには、 )
 
マウス ・・・( 虫が寄ってたかってくる・・ )
 
マウス ・・・( とくに蚊だ )
 
マウス ・・・( いくら全身黒ずくめで長袖長ズボンとはいえ、 )
 
マウス ・・・( 手だけは回避できない・・ )
 
マウス ・・・( 後ろの首は自分の長髪でケアできたとして・・・ )
 
 
 
バババババババババババッ…!!!!
 
( 大量のBB弾がマウスの背後に向かって飛んでくる )
 
 
マウス ・・・( ん!? )
 
マウス ・・・( 何だ? )
 
 
ダダダダダダダダダダダっ…!!!!
 
( マウスの背後に大量のBB弾が直撃する )
 
 
マウス :「 !!? 」
 
 
マウス・・・( そうか・・ )
 
マウス・・・( 真夏の夜には )
 
マウス・・・( BB弾にも気をつけねばならなかったか… )
 
 
ダダダダダダダダダダダっ…!!!!
 
 
マウス・・・( んなわけあるかァ…!! )
 
 
マウス :「 くっ… 」
 
マウス :「 ・・・・・・・・・!! 」
 
マウス :「 いっ… 痛い!ったい!ったい!ったい!ったいっ…!! 」
 
 
ツィガロ :「 wwwwwwwwwwwwwwww 」
 
 
マウス :「 こらっ…! 」
 
マウス :「 暑い中、外で長時間待たせたお詫びかこれはァ!? 」
 
 
マウス :「 大半はスーツに当たってくれたようで、 」
 
マウス :「 地肌に直接当たるのはある程度回避できた 」
 
マウス :「 しかし無防備な後頭部と手にも 」
 
マウス :「 結構な数が当たってて… 」
 
 
ダダダダダダダダダダダダっ…!!!!
 
( 再びマウスの背後に大量のBB弾が直撃する )
 
 
マウス :「 ッ… ダァぁぁぁぁぁぁああああああああ…!!!! 」
 
 
ツィガロ :「 ふぅ~~~~っっ…!!! 」
 
 
マウス :「 おいコラぁ…!! 」
 
マウス :「 人がしゃべってる最中に撃ってくるんじゃねぇ…!! 」
 
マウス :「 いってぇーなァ! 」
 
マウス :「 もう手が腫れてやがる 」
 
 
ツィガロ :「 wwwwwwwwwwwwwwwwwww 」
 
 
バババババババババババッ…!!!!
 
( 大量のBB弾がマウスの背後に向かって飛んでくる )
 
 
マウス :「 そう何発もくらってたまるかァァ…! 」
 
マウス :「 上からの遠距離射撃… 」
 
マウス :「 なら射程範囲は限られてんだよォ…!! 」
 
 
マウスは射撃位置と思われる建物の射程範囲から離れるため、
 
自販機から素早く走り去る。
 
しかしその途中 ー
 
 
マウス :「 !? 」
 
 
マウス ・・・( 2階に いない? )
 
マウス ・・・( どういうことだ…? )
 
マウス ・・・( おれが撃たれた後、 )
 
マウス ・・・( ツィガロにしゃべりかけた最後のときまでは )
 
マウス ・・・( 確かに2階にいたはず・・ )
 
マウス ・・・( まさか…! )
 
マウス ・・・( 降りてくるか・・・・・!! )
 
 
マウスはツィガロが射撃してきた建物の入り口付近で様子を見る。
 
この位置は勿論、ツィガロが2階から撃てる射程範囲外である。
 
 
マウス ・・・( 降りてこない・・? )
 
マウス ・・・( ということは隠れただけ・・? )
 
マウス ・・・( なら、どの範囲からも射程範囲に入らぬよう、 )
 
マウス ・・・( ツィガロのいる建物付近から一旦姿を消せばいい…! )
 
マウス ・・・( おれの姿を目視できなくなれば、 )
 
マウス ・・・( そのうち電話がくるはず )
 
マウス ・・・( よし それでいこう…! )
 
 
ツィガロのいる建物から遠ざかるべくマウスは歩行する。
 
そのとき ー
 
 
ダダダダダダダダダダダっ…!!!!
 
( マウスの背後に大量のBB弾が直撃する )
 
 
マウス :「 なっ… 」
 
マウス :「 ぐわぁぁぁぁあああああああ…!!!! 」
 
 
ドサッ・・
 
マウスは路上にうつ伏せに倒れる。
 
 
マウス :「 痛ってェ・・ 」
 
 
ダダダダダダダダダダダっ…!!!!
 
ダダダダダダダダダダダっ…!!!!
 
ダダダダダダダダダダダっ…!!!!
 
 
数百発の単位と感じる程の大量のBB弾が、
 
倒れているマウスの後方に直撃。そして直撃。そしてそして直撃。
 
これがしばらく繰り返される。
 
 
マウス :「 ゴわぁぁぁぁぁああああああああ…!!!! 」
 
 
マウス :「 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 」
 
 
マウス・・・ ( ブチィィィ…!!! )
 
 
マウス :「 ざっけんじゃねぇぞコラァァア…!! 」
 
 
ダダダダダダダダダダダっ…!!!!
 
 
正面から走ってくるマウスにツィガロは容赦なくエアガンで連射攻撃する。
 
 
マウス ・・・( 関係ねぇ…!! )
 
マウス ・・・( 強行突破だ )
 
 
ツィガロ ・・・( やべ! これマジなやつやっ! )
 
ツィガロ ・・・( さすがにガンダ! )
 
 
ツィガロはマウスの怒りを察知した瞬間、
 
渾身の逃走を開始する。
 
 
マウス ・・・( ツィガロのエアガンは連射式だが、 )
 
マウス ・・・( おれのは非連射式だ・・ )
 
マウス ・・・( 一度引き金を引いて撃てる弾は1弾に限られる… )
 
マウス ・・・( 動いている相手に当てるのは至難のワザ…! )
 
マウス ・・・( しかし反撃させてもらうぞ… )
 
 
マウスは引き金を引く。
 
ガチャ…
 
 
パン!
 
 
マウス ・・・( やはり当たらない… )
 
マウス ・・・( 逃走するあいつを )
 
マウス ・・・( 追いかけながら撃つ弾に正確さはない… )
 
マウス ・・・( ならば… )
 
マウス ・・・( 引き金を引いて撃つまでの速度を )
 
マウス ・・・( 限りなく上げなくては・・・! )
 
マウス ・・・( 数があれば当たるはず・・! )
 
 
ガチャ パン!
 
ガチャ パン!
 
ガチャ パン!
 
ガチャ パン!
 
ガチャ パン!
 
 
ツィガロ ・・・( 引き金を引く速度ハンパねーやん! )
 
ツィガロ ・・・( これマジで逃げ切らないとダメなやつや! )
 
ツィガロ ・・・( 全速前進や! )
 
 
そして ー
 
 
マウス ・・・( 当たったかどうかは定かじゃないが・・ )
 
マウス ・・・( 到頭 逃げ切られたか・・・ )
 
マウス ・・・( ! )
 
マウス ・・・( 何だ? こちらを注目する複数の気配… )
 
 
近所の家族一家と思われる男女子供合わせた約5人が、
 
マウスを注目しながら身動きせずに唖然としていた。
 
 
マウス ・・・( そういえばそうだったな… )
 
マウス ・・・( この見た目で全身黒ずくめのスーツ、 )
 
マウス ・・・( 片手には銃らしきもの… )
 
マウス ・・・( こんな形相で歩いていたら勘違いもされるか・・ )
 
マウス ・・・( フフっ・・ )
 
 
数分後 ー
 
 
警察 :「 はい君たち夜中に何してるのかな~? 」
 
ピッピィーっ… ( 無線音 )
 
 
( はい、こちらぁ、BB弾発見! )
 
 
警察 :「 近所から通報があってね。 」
 
警察 :「 何処に住んでるの? 」
 
警察 :「 送ってこーか? 」
 
 
マウス&ツィガロ :「 いや、結構ですっ! 」
 
 
マウス ・・・( ま こうなるわな笑 )
 
 
警察 :「 いや~ 駄目だよ~! こんな時間にぃ~! 」
 
警察 :「 エアガンで何してたの?? 」
 
 
ツィガロ :「 空き缶 撃ってました! 」
 
 
マウス ・・・( そりゃぁ 口が裂けても )
 
マウス ・・・( 撃ち合いしてましたなんて言えねーからな笑 )
 
 
マウス ・・・( ところでものすごい数のBB弾をくれたわけだけど、 )
 
マウス ・・・( この借りはどうやって返してやろうかね笑笑 )
 
 
 
 
 
    ー 第7話 「おはよう日本!」 ー
 
 
 
 
 
マーブル( 裏スロ ) ー
 
 
バンっ!
 
 
マウス :「 ん・・・・・・!? 」
 
 
バンっ!
 
バンっ!
 
 
マウスの目に止まったもの それは ー
 
スロットのレバーを怒りの如く叩く「人物」 ー
 
いや ー
 
「賢者」と言うべきか ー
 
 
マウス :「 フフっww 」
 
 
マウス :「 ちょっと! 」
 
マウス :「 ツィガロさん! 」
 
 
ツィガロ :「 なにー? 」
 
 
マウス :「 ライ☆ビッグめっちゃ切れてない?w 」
 
 
バンっ!
 
バンっ!
 
 
そこには ー
 
賢者みたいな「フリーズ顔」で、
 
スロットのレバーを勢いよく叩く「ライ☆ビッグ」の姿が ー
 
 
ツィガロ :「 アッヒッヒッヒッヒ…wwww 」
 
 
マウス :「 スロットの台が壊れるまであるw 」
 
 
 
トゥルル!
 
バァンっ!
 
ポチ! ポチ! ポチ!
 
 
トゥルル!
 
バァンっ!
 
ポチ! ポチ! ポチ! 
 
 
 
マウス :「 ほんと あの力説なんだったの?w 」
 
 
 
回想ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ライ :「 ギャンブルやってさ、負けて怒る奴はダメでしょ! 」
 
ライ :「 こういうのはさ! 楽しむためにやってんだからさ! 」
 
ライ :「 怒るのは違うよっ! 」
 
ライ :「 オレなんて怒ったこと一回もないからね? 一回も! 」
 
ライ :「 池袋なんかトータルで2000万くらい負けてるぜ? 」
 
ライ :「 それでも怒ったことないもん! 」
 
回想終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
トゥルル!
 
バァンっ! 
 
ポチ! ポチ! ポチ!
 
 
トゥルル!
 
バァンっ!
 
ポチ! ポチ! ポチ!
 
 
 
ライ :「 ・・・・・・・・・・・・・ 」
 
 
 
ツィガロ :「 ・・・ 」
 
 
マウス :「 はっはっはwwwwwwwww 」
 
 
 
トゥルル!
 
バァンっ!
 
ポチ! ポチ! ポチ!
 
 
 
ライ :「 ・・・・・・・・・・・・・ 」
 
 
 
マウス :「 面白いから話かけてこよw 」
 
 
ツィガロ :「 ッヒッヒッヒッヒッ…wwww 」
 
 
 
マウスはライ☆ビッグの元へ ー
 
 
マウス :「 さすがに怒りますかぁ~笑 」
 
 
ライ :「 ・・・ 」
 
ライ :「 いや、だってさ! 」
 
ライ :「 だってさ、だってさ、だってさっ! 」
 
ライ :「 マウス! 」
 
ライ :「 これは違う…! 」
 
 
マウス・・・ ( は?wwwwwwwwwwwwwwww )
 
 
ライ :「 ここの店長にさ、設定6どれ?って聞いたんだけどさ、 」
 
ライ :「 この台って言われたのに何も起きないんだもん! 」
 
ライ :「 やばくない? 」
 
ライ :「 そりゃ怒るでしょ! 」
 
ライ :「 さすがにないもんっ! 」
 
ライ :「 やばいでしょ! 」
 
ライ :「 ホント、この店燃やすよ? 」
 
ライ :「 てか燃やしていい? 」
 
 
 
トゥルル!
 
バァンっ!
 
ポチ! ポチ! ポチ! 
 
 
 
ライ :「 あ、 」
 
ライ :「 キャッシャー0になった・・・ 」
 
ライ :「 ・・・・・・・・ 」
 
ライ :「 死ねっ! 」 
 
 
マウス ・・・( かっこい~↗笑笑 )
 
 
 
場面変わり ー
 
マーブル(裏スロ)が入るビルの下 ー
 
 
ライ :「 あの店うざいから撃たね? 」
 
ライ :「 撃つでしょ! 」
 
ライ :「 マウス貸してよ! 」
 
 
マウス :「 貸しますよw 」 
 
 
マウス・・・( どんだけイラついてんだよww )
 
 
マウス :「 どうせならエアガン持参してる人全員で 」
 
マウス :「 一斉射撃ってのはどう? 」
 
 
ツィガロ :「 賛成! 」
 
 
ジョーコ :「 ♪ 」
 
 
そして 一同は2階にあるマーブル(裏スロ)の窓へ目がけて ー
 
 
パン!
 
パパン!
 
パン!
 
パパパパパパパッ!
 
 
ライ :「 ハッハッハッハッハ…!! 」
 
ライ :「 もっと撃とうよっ! もっと撃とうよっ! 」
 
 
マウス ・・・( 尊敬しちゃうな・・ )
 
マウス ・・・( ほんと 憧れの存在だよ・・笑笑笑 )
 
 
パン!
 
パパン! パン!
 
パパパパパパパッ!
 
パン! パパン! パン!
 
 
すると ー
 
マーブル(裏スロ)の窓のカーテンがズレ ー
 
中の店員がこちらを目視する ー
 
 
 
ライ :「 あ、バレた! 」
 
ライ :「 こっち見たよ! こっち見た! 」
 
 
マウス ・・・( すげえw )
 
 
 
数秒の間 店員がこちらを目視した後 ー
 
カーテンは元に戻り ー
 
それと同じくして 店員の姿も消える ー
 
 
 
ライ :「 まだ撃つでしょ! 」
 
ライ :「 もっと撃つでしょ! 」
 
 
マウス ・・・( かっけー笑笑 )
 
 
パン! パパン!
 
パン! パパパパパパパッ!
 
パン! パパン! パン! パパパパパンッ!
 
 
 
当然 ー
 
再びカーテンはズレ ー
 
店員はこちらを再度目視する ー
 
 
 
ライ :「 あっ! 」
 
ライ :「 こんちやーっす! 」
 
 
障害賢者みたいな笑顔で会釈するのは ー
 
みんなの憧れのまと ー
 
「ライ☆ビッグ」 ー
 
かっこいー↗笑笑 ー
 
 
 
場面変わり ー
 
一同はジョーコの車に乗り込む ー
 
目的地はライ☆ビッグ宅 ー
 
 
 
ライ :「 車から撃つ? 」
 
 
ツィガロ ・・・( 裏スロ関係ねーやんww )
 
 
ジョーコ :「 あ、あそこにおっさん歩いてますよ 」
 
 
ライ :「 車から撃ったらバレなくね? 」
 
ライ :「 撃とうよっ! 」
 
 
パン!!
 
 
車の外にいる 見知らぬおっさん へ向けて ー
 
エアガンを発砲したのは ー
 
ジョーコ☆ディペンダンス」 ー
 
その表情は ー
 
「 無 」 ー
 
 
ジョーコ :「 あ、 」
 
ジョーコ :「 当たった 」
 
 
マウス ・・・( こいつやべーなw )
 
 
ツィガロ :「 ジョーコさん! 」
 
ツィガロ :「 あそこの交差点の右の木のところ! 」
 
 
ジョーコ :「 どこぉ? 」
 
ジョーコ :「 見えないんだけど 」
 
 
パン!! 
 
 
発砲したのは ー
 
ジョーコ☆ディペンダンス」 ー
 
その表情はまたしても ー
 
「 無 」 ー
 
 
ジョーコ :「 あ、 」
 
ジョーコ :「 当たった 」
 
 
マウス :「 当たったじゃねーよwwww 」
 
マウス :「 そんなエアガンの弾 人に当てたって、 」
 
マウス :「 プレイヤーバンカー当たんねーからな?ww 」
 
 
ジョーコ :「 ・・・・ 」
 
 
ツィガロ :「 ヒッヒッヒッヒッヒッ…wwww 」
 
ツィガロ :「 言われてるよジョーコさんw 」
 
 
ジョーコ :「 ・・・・ 」
 
 
マウス :「 フ、フリーズなう~ 」
 
 
ツィガロ :「 あっ! 」
 
 
ツィガロが発見したもの ー
 
それは ー
 
車の外にいる「人間」 ー
 
 
ツィガロ :「 激熱! 激熱! 激熱! 激熱! 」
 
ツィガロ :「 行け! 行け! 行け! 行け! 行けっ! 」
 
 
ライ :「 おれがいくっ! おれがいくっ! 」
 
 
パン! パパン! 
 
パンパパパン!
 
 
ライ :「 アっはww っはっはっはっはっはwwwwwww 」
 
 
マウス・・・( ライ☆ビッグが心の底から大笑いしてる姿・・ )
 
マウス・・・( はじめて見たよ・・・ )
 
マウス・・・( まさか・・ )
 
マウス・・・( それが )
 
マウス・・・( エアガンで知らない人を )
 
マウス・・・( 車から撃ったときだなんて・・ )
 
マウス・・・( もお!  ほんと かわいいなぁ…!!笑 )
 
マウス・・・( 34歳 エアガンで!笑 )
 
マウス・・・( 精神年齢 中学生以下じゃぁーーーーんwwwww )
 
 
 
場面変わり ー
 
ライ☆ビッグ宅の前 ー
 
 
ライ :「 あ 着いた 」
 
ライ :「 それじゃぁ ぼくは帰りまーす 」
 
 
ライ☆ビッグは車から降り ー
 
自宅の扉へ向けて歩行する ー
 
 
マウス :「 アタックチャ~ンス 」
 
 
カチャ… 
 
マウスはエアガンの引き金を引き ー
 
狙いを定める ー
 
その対象は ー
 
そして ー
 
目にうつるものはただ1つ ー
 
それは ー
 
顔が賢者 口が臭い 胡散臭い 顔も臭い
 
「  “ 的 ”  ( ライ☆ビッグ ) 」 ー
 
 
ツィガロ :「 撃っちゃえばいいじゃん! 」
 
 
マウス :「 撃っティー? 」
 
 
ツィガロ :「 撃っティー! 」
 
 
マウス ・・・( 撃ったらどんな反応するんだろうな・・ )
 
マウス ・・・( 賢者みたいな動きしながら痛がるのかな・・ )
 
マウス ・・・( 意味不明な奇声とかあげたりするのかな・・ )
 
マウス ・・・( 撃たれてもかっこいいところ、 )
 
マウス ・・・( 見せてほしいな・・・ )
 
マウス ・・・( ふふっ… )
 
 
マウス :「 ・・・・・・・・・・・・・・ 」
 
 
マウス ・・・( 待てよ )
 
マウス ・・・( どーせ後から賢者顔でぶつぶつ )
 
マウス ・・・( 何か文句言ってくるのがオチだよな・・ )
 
 
マウス :「 やめておこう 」
 
 
ツィガロ :「 っツ…! 」
 
ツィガロ :「 んだよ! 」
 
ツィガロ :「 こーいう気が抜けたときに 」
 
ツィガロ :「 撃たなきゃダメだよォ~~っ! 」
 
 
マウス :「 何推奨してんのww 」
 
マウス :「 チクるぞw 」
 
 
ツィガロ :「 いや、それはキツイっす! 」
 
 
カシャン…
 
ライ☆ビッグが自宅の扉を閉め ー
 
完全に姿が見えなくなる ー
 
 
マウス :「 あのフンコロガシやっと消えたか・・ 」
 
 
ツィガロ :「 ッヒッヒッヒ…www 」
 
 
マウス :「 撃ちたかったなぁ・・ 」
 
マウス :「 撃ちてぇーなぁあーー… 」
 
 
マウス :「 てなわけで はい 」
 
マウス :「 ライ☆ビッグを自宅に届け終え、 」
 
マウス :「 こっからの帰り道も当然ひまだよな?笑 」
 
マウス :「 そりゃぁ 勿論、 」
 
マウス :「 朝の出勤前のリーマン狙って狙撃タイムだろww 」
 
 
ツィガロ :「 安定! 」
 
ツィガロ :「 さーすーがに 安定っ! 」
 
 
 
場面切り変わり ー
 
車から射撃なう ー
 
 
ツィガロ :「 いけーーーーーーっ!!!! 」
 
ツィガロ :「 激熱! 激熱! 超激熱!! 」
 
ツィガロ :「 帰宅中のキャバ嬢撃ちまくれぇーいっ!! 」
 
 
マウス :「 ♬ 」
 
 
ジョーコ :「 ♩ 」
 
 
パパパパパパパパパパパパン!!
 
パパパパパパパパパパパパパパン!!
 
 
キャバ嬢3人組 :「 きゃ~~~~~~~~っ!!! 」
 
 
ツィガロ :「 ナイスぅう~~っ!! 」
 
 
ジョーコ :「 悲鳴あげてた♬ 」
 
 
ツィガロ :「 最低~! 」
 
 
マウス :「 いやいやw 撃てっつったのおまえだろww 」
 
 
ツィガロ :「 ・・・・・・ 」
 
 
ツィガロ :「 あ、あそこでチャリこいでるオッサン見ぃ~っけ! 」
 
ツィガロ :「 激熱! 激熱!! 」
 
ツィガロ :「 行け! 行け! 行け! 行け! 行けっ! 」
 
 
パパパパパパパパパパパパパパン!!
 
パパパパパパパパパパパパパパパパン!!
 
 
ツィガロ :「 ナイスぅう~~~っ! 」
 
 
マウス :「 今10発以上当たったべww 」
 
 
ツィガロ :「 転倒したらどーすんだよ! 」
 
ツィガロ :「 いや! 転倒したらどーすんだよ! 」
 
 
マウス :「 知らねーよww 」
 
 
ツィガロ :「 最低~! 」
 
 
マウス :「 だからおまえが行けっつったんだろーがw 」
 
 
ツィガロ :「 あっ、出勤中のリーマンに、変なババアいるよ! 」
 
 
ジョーコ :「 どれどれぇ~? 」
 
 
ジョーコは開いてる車の窓から ー
 
ババアへ向けて ー
 
銃口を ー
 
向けた ー
 
 
ババア 「 じーっ。 」
 
 
ジョーコ :「 なんか ババアに見られてんだけど 」
 
 
ツィガロ :「 関係ねーから撃てよww 」
 
ツィガロ :「 がんめん! 」
 
ツィガロ :「 行け! 行け! 行け! 行け! 行けっ! 」
 
 
ジョーコ :「 顔面はやばいって! 」
 
 
パン!!
 
パパパパパパン!!
 
 
ジョーコ :「 あ、 」
 
ジョーコ :「 顔に当たった 」
 
 
ツィガロ :「 当てたんかーいww 」
 
 
ツィガロ :「 朝だから人増えてきたね 」
 
 
ツィガロ :「 もっといっぱい撃たなあかんな! 」
 
ツィガロ :「 精一杯 連射しときーーー!! 」
 
ツィガロ :「 ちゃんと狙い撃ちせなあかんでーー! 」
 
 
パパパパパパパパパパパパパパパパン!!
 
パパパパパパパパパパパパパパパパン!!
 
パパパパパパパパパパパパパパパパン!!
 
パパパパパパパパパパパパパパパパン!!
 
パパパパパパパパパパパパパパパパン!!
 
パパパパパパパパパパパパパパパパン!!
 
 
きゃーっ・・   痛てっ・・
 
 
 
ツィガロ :「 ふぅ~~~~~~っ…!!!! 」
 
 
ツィガロ :「 お、おはよう日本っ! 」
 
 
ツィガロ :「 今日も1日始まるよ! 」
 
 
 
 続く☆
 
 
次回は裏スロの店長に怒られちゃうよ!
 
ダメだよエレベーターのボタン
 
うちの階だけボンド貼っちゃ~ァ!
 
あと扉の前に油まかないでね!
 
次回!! 第8話 「摘発♬」
 
デュエル☆スタンガン!!
 
 
ニュースになっちゃったから!
 
 
この物語はフィクションであり、
 
実在の人物・団体とは一切関係ありません(笑)
 

第6話 「お水あげちゃうの♬」

 

f:id:Maus-Bellator:20161025210746j:plain

 

 

 

ナンバーツー( 裏スロ )店内 ー

 

 

チャンっ♪ チャっチャっチャチャチャチャー♪

 

チャーッチャッチャッチャッチャー♪

 

トゥルルゥゥゥ~♪

 

トゥルルゥゥゥ~♪

 

( フィーバータイムのBGM )

 

( ※ポーカーのゲーム機 )

 

 

ライ :「 あのさ、 」

 

ライ :「 フィーバータイム入ってんのにさ! 」

 

ライ :「 減るってさ! 」

 

ライ :「 どうやったら増えんの? 」

 

 

ツィガロ :「 ・・・・ 」

 

 

テェーレーーーー♬

 

( 負けたときの効果音 )

 

 

GOOD LUCK

 

( ゲーム機の画面 )

 

 

ライ :「 うぜ! うぜ! うぜ! うぜ! うぜ! 」

 

 

ブゥイーン! ( ポーカーの機械にさらに1万円を投入 )

 

 

テェーレーーーー♬ 

 

( 負けたときの効果音 )

 

 

GOOD LUCK 

 

( ゲーム機の画面 )

 

 

ライ :「 この店燃やしていい? 」

 

 

 

 

 

  ー 第6話 「お水あげちゃうの♬」 ー

 

 

 

 

 

パワーアップ( インカジ )店内 ー

 

 

 

ツィガロ :「 はい、いっぱこぉ~! 」

 

 

マウス :「 もう終わり? 」

 

 

ツィガロ :「 うん! 」

 

 

マウス :「 いつも早いね~! 」

 

 

ツィガロ :「 君たちと違ってそんな粘んないから! 」

 

ツィガロ :「 安定の1万勝ちです! 」

 

 

マウス :「 さすが! 」

 

 

ツィガロ :「 バカラなんて~ 」

 

ツィガロ :「 ただの二択でしょ? 」

 

ツィガロ :「 かーんたんっ! 」

 

 

マウス :「 じゃあもっと高額でやって笑。 」

 

 

ツィガロ :「 いやキツイっす…! 」

 

 

ジョーコ :「 こ、これは鉄です。 」

 

 

マウス :「 ん?w 」

 

 

ジョーコ :「 マウスさん、これ鉄だよね~? 」

 

 

マウス :「 知らんがなw 」

 

マウス :「 そもそも鉄って何よ笑。 」

 

 

ジョーコ :「 鉄はバンカーのことです! 」

 

 

マウス :「 じゃあプレイヤーは? 」

 

 

ジョーコ :「 そうだね・・( 思考中 ) 」

 

 

マウス :「 プレイヤーは安定するから、 」

 

マウス :「 安定のプレイヤー? 」

 

 

ジョーコ :「 いや、今は鉄でしょ。 」

 

ジョーコ :「 次バンカー来るよ。 」

 

 

マウス&ツィガロ ・・・( あ?ww )

 

マウス&ツィガロ ・・・( とりあえず、 )

 

マウス&ツィガロ ・・・( プレイヤーきてハズレろよww )

 

 

ジョーコ :「 よしっ! 」

 

ジョーコ :「 ほら来たじゃん! 」

 

ジョーコ :「 言ったでしょ? 」

 

ジョーコ :「 時代は鉄です ( ドヤ顔 ) 」

 

 

マウス&ツィガロ ・・・( チッ )

 

マウス&ツィガロ ・・・( なんで当たってんだよ、、 )

 

 

ツィガロ :「 じゃあ次なに来るー? 」

 

 

ジョーコ :「 次も鉄です。 」

 

 

ツィガロ :「 来てる? 」

 

 

ジョーコ :「 流れ来てます! 」 

 

 

マウス&ツィガロ ・・・( あの、すいません。。 )

 

マウス&ツィガロ ・・・( 流れって何すか?wwww )

 

 

ジョーコ :「 はぁ~? 」

 

ジョーコ :「 な~んで外れんだよ!! 」

 

ジョーコ :「 おかしいでしょ! 」

 

 

マウス&ツィガロ ・・・( ナイスぅうーっ!!笑笑 )

 

 

マウス :「 全然鉄じゃないねぇー笑。 」

 

マウス :「 ジョーコさん! 」

 

マウス :「 鉄とは?笑。 」

 

 

ジョーコ :「 ・・・・ 」

 

ジョーコ :「 次は外さないよ! 」

 

ジョーコ :「 見てて。 」

 

 

マウス :「 次どっちに賭ける? 」

 

 

ジョーコ :「 鉄です。 ( 自信満々 ) 」

 

 

マウス&ツィガロ ・・・( だから早くハズレろよwwww )

 

 

ジョーコ :「 はぁぁ~? 」

 

ジョーコ :「 またスカしたんだけど! 」

 

ジョーコ :「 うざ! 」

 

 

マウス&ツィガロ

 

・・・( はい、そろそろ恒例のモードに突入だよぉー♪ )

 

 

ピーンポーン♪ ( 呼び出し音 )

 

 

店員 :「 はい! 」

 

 

ジョーコ :「 3万追加で。 」

 

 

店員 :「 300ポイントで! 」

 

 

ジョーコ :「 ・・・・ 」

 

ジョーコ :「 早めで! 」

 

 

 

約10分後 ー

 

 

ガタっ…! タっ…!

 

PCのマウスを机に叩きつけるのは ー

 

 

ジョーコ :「 はぁ~~~?? 」

 

ジョーコ :「 何回スカしてんだよマジで。 」

 

ジョーコ :「 チッ 」

 

 

ジョーコ :「 あ、店員さん! 」

 

 

店員 :「 はい! 」

 

 

ジョーコ :「 リアルゴールドください。 」

 

 

店員 :「 はい! 」

 

 

マウス&ツィガロ 

 

・・・( リアルゴールド頼んで、 )

 

・・・( リアルゴールド(マネー)吸われる奴ぅwwwwwwwww )

 

 

バコォォン…!!!!!!

 

PCのマウスをモニター画面へ向けて ー

 

渾身の怒りを込め ー

 

そして ー

 

投げつけた ー

 

 

マウス :「 !!? 」

 

ツィガロ :「 !!? 」

 

 

ジョーコ :「 何なんだよマジで。 」

 

 

バコォォン…!!!!!!

 

バコォォン…!!!!!!

 

バコォォン…!!!!!!

 

 

ツィガロ ・・・( え? 普通にモニターの画面カチ割れてますけど…笑 )

 

 

マウス :「 ・・・・・ 」

 

マウス :「 画面の割れ具合だけどさ、 」

 

マウス :「 グラグラの実の能力使ったときみたいになってるね! 」

 

 

ジョーコ :「 ・・・・ 」

 

 

ツィガロ :「 間違いない! 」

 

 

ジョーコ :「 ・・・ 」

 

ジョーコ :「 グ、グラララララ…!! 」

 

 

マウス&ツィガロ ・・・( そこで笑かしに来るんかーいwwwwwww )

 

 

ドタっ ドタっ ドタっ ( 急ぎ足で誰かが来る )

 

 

店員 :「 どうかされました? 」

 

店員 :「 すごい音がしたんで… 」

 

 

ジョーコ :「 反応しなかったんですよ。 」

 

 

店員 :「 モニター割れちゃってますね… 」

 

 

ジョーコ :「 反応しなかったんで。 」

 

 

店員 :「 じゃあそのときに言ってほしかったですね…! 」

 

 

ジョーコ :「 ・・・・ 」

 

 

店員 :「 新しいのにかえないといけないんで… 」

 

店員 :「 次はないですよ! 」

 

 

 

ツィガロ :「 ふぅ~~~~~っ!! 」

 

 

ジョーコ :「 ・・・・ 」

 

ジョーコ :「 あと2万だけやります! 」

 

 

店員 :「 はい…! 」

 

店員 :「 200ポイントお預かりします! 」

 

 

ツィガロ :「 え? まだやんの?笑。 」

 

 

マウス :「 今日いくら負け? 」

 

 

ジョーコ :「 いくらだっけな・・ 」

 

 

ツィガロ :「 30万くらいでしょ? 」

 

 

マウス :「 本人より詳しいなw 」

 

 

ツィガロ :「 いや、今日ずっと見てたから! 」

 

 

 

数分後 ー

 

 

バキっ…! バキキィ…!!

 

 

マウス&ツィガロ :「 ん? 」

 

 

PCの本体を掴み ー

 

握力で破壊しようと試みるのは ー

 

 

ジョーコ :「 グラララララ…! 」

 

 

マウス&ツィガロ ・・・( どんだけ破壊してーんだよwwwwww )

 

 

ジョーコ :「 またスカしたんだけど・・ 」

 

ジョーコ :「 もぉおおおおーーー! 」

 

ジョーコ :「 当たったことがないのぉお…!! 」

 

ジョーコ :「 どーして当たんないのっ! 」

 

ジョーコ :「 ねぇ? ねぇ? なんで当たんないのぉ! 」

 

ジョーコ :「 おかしいのォ! 」

 

ジョーコ :「 ねぇ? ねぇ? おかしいのォ! 」

 

ジョーコ :「 おかしいのォ!! 」

 

ジョーコ :「 ・・・・・ 」

 

ジョーコ :「 もー残り少ないから違うゲームして遊んじゃうの♬ 」

 

 

マウス&ツィガロ ・・・( え )

 

マウス&ツィガロ ・・・( 誰?笑笑 )

 

 

ジョーコ :「 あ~♬ 」

 

( キャッシャー 0ポイント )

 

 

ズタっ! 

 

ジョーコ」は席から立ち上がり ー

 

 

ジョーコ :「 ふふっ♪ 」

 

 

お菓子の袋を開封すると ー

 

中から出てきたのは ー

 

そら豆のフライ ー

 

 

ジョーコ :「 あのね♪ マウスさん♪ 」

 

ジョーコ :「 見て見て♪ 」

 

 

マウス :「 ? 」

 

  

ジョーコ :「 豆撒きしなくちゃ♬ 」

 

 

店内の植木鉢へ ー

 

そら豆のフライが撒かれ ー

 

 

ジョーコ :「 お水もあげなきゃ♬ 」

 

 

シュー! シュー! 

 

そら豆を撒いた植木鉢へ ー

 

ファブリーズが ー

 

 

ジョーコ :「 お水あげちゃうの♬ 」

 

 

マウス&ツィガロ ・・・( wwwwwwwwwwwwwwwwww )

 

 

ジョーコ :「 見て見て♪ マウスさん♪ 」

 

ジョーコ :「 この飴をね♬ 」

 

 

開封した飴を ー

 

未開封の飴玉専用BOXへ ー

 

そのまま ー

 

 

ジョーコ :「 入れちゃうの♬ 」

 

 

マウス :「 あの。 」

 

マウス :「 急にオネエ化するのやめてもらってもいいですか?wwww 」

 

 

ジョーコ :「 ・・・・・ 」

 

 

ツィガロ :「 怒りを通り越すと、 」

 

ツィガロ :「 オネエになるっていう摩訶不思議な現象ww 」

 

 

マウス :「 すげえww 」

 

 

ジョーコ :「 マウスさん♪ 」

 

ジョーコ :「 1000円だけ貸してください♪ 」

 

 

マウス :「 何? 駐車場代? 」

 

 

ジョーコ :「 ちょっと遊びたいの♬ 」

 

 

マウス ・・・( 懲りないやつだな笑 )

 

 

マウス :「 帰れっ…!!wwwwwwwwwwwwwwwwww 」

 

 

 

 続く☆

 

 

こぉんにちわっ♬

 

ありがーとおっ♬

 

さよならっ♬

 

また会いましょっ♬

 

次回!! 第7話 「おはよう日本!」

 

デュエル☆スタンガン!!

 

 

この物語はフィクションであり、

 

実在の人物・団体とは一切関係ありません(笑)

 

www.youtube.com